2017年01月27日

シナマンサク

シナマンサクはマンサク科マンサク属の落葉小高木、
中国中部原産、1〜3月に花が咲く。
シナマンサクの花芽を見ると先が割れ花が少し見えていて、
咲きたくしかたないと云う感じだった、
植物たちは微妙な温度差や陽の光で季節を感じ
一年を過ごすのだろう、
自然の力の凄さを改めて思い起させられる。

富田文雄のHPはこちら→http://tomitafumio.jp/

Bシナマンサクの花芽.jpg
posted by 富田 at 10:22| 植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月25日

ユリノキの集合果

冬のユリノキには花が咲いたような
もしくは実がなった様にもみえるものが付いている、
先日も夕陽に染まるユリノキを遠くから見ると
花の様な実のようなものが赤く染まって綺麗だった。
これは果実が集まった集合果である、
アップで見ると花びらに見える一枚一枚は
翼果と云われていて付け根には種が付いている、
風が吹くと種が運ばれていくのだそうだ。

富田文雄のHPはこちら→http://tomitafumio.jp/

Bユリノキ.jpg
夕陽に染まるユリノキ
Bユリノキの集合果).jpg
ユリノキの集合果


posted by 富田 at 08:42| 植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月24日

コブシの花芽

冬の植物の花芽や葉芽は芽鱗に包まれ
寒さや乾燥などから守るため保護されている。
コブシの花芽は白色のふわふわした長い毛の
芽鱗に包まれまるで毛皮を着ているようだ、
以前見かけたコブシの花芽は少し大きくなった
ような気がする、最近植物をよくみる機会が多く
春に花が咲くのが楽しみです。

富田文雄のHPはこちら→http://tomitafumio.jp/

B1コブシの花芽.jpg

B2コブシの花芽.jpg

B3コブシの花芽.jpg
posted by 富田 at 09:05| 植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月23日

ヒイラギナンテン

ヒイラギナンテンの葉は厚みがあり硬く
ヒイラギの葉に似ていて鋸歯はとげとなっている、
実の付き方がナンテンに似ていることから
ヒイラギナンテンの名が付いたとのことだった。
小さい植物の花や実を撮るときマクロレンズを使用して
絞りは出来るだけ絞らないでボケを利用するようにしている、
被写体を見る時背景を必ず考え葉の光をぼかし
主題が引き立つ様にしている。

富田文雄のHPはこちら→http://tomitafumio.jp/

Bヒイラギナンテン1.jpg
ヒイラギナンテンの冬芽
Bヒイラギナンテン2.jpg
ヒイラギナンテンの冬芽
Bヒイラギナンテン3.jpg
ヒイラギナンテンの冬芽
posted by 富田 at 09:04| 植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月22日

光の中で

色温度とは光の色を表す数値で
単位はK(ケルビン)で示される。
色温度が低くなると黄色から赤味がかった色が強くなり
逆に高くなるにつれ青い色が強くなる、
一般的に日中の太陽光の色温度は
5000〜5500kと云われている。
朝の光や夕方の光で撮影すると色温度が低いため
黄色味が強くなる色を利用して雰囲気を
強調することが多い。

富田文雄のHPはこちら→http://tomitafumio.jp/

B光の中で.jpg
posted by 富田 at 09:32| 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月21日

幻想的な葉

太陽がそろそろ沈もうとしている時の光の中で
光が当たる葉の一枚が不思議な色をしていた。
夕陽が当たっているためなのかと
近付いて見ると赤、オレンジ、ブルー、など
縞模様が付いている。
サイケデリックと云おうか幻想的な葉であった。
何故このような色が付いたか調べてみたくなった。

富田文雄のHPはこちら→http://tomitafumio.jp/

B幻想的な葉.jpg
posted by 富田 at 08:49| 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月20日

梅の花

あちらこちらで梅の花が咲き始めている、
花見と云えば桜のことを云うが
昔は花見というと梅の花をみることだったらしい。
梅に関係することわざや言い伝えもある
具合がよいことを、塩梅(あんばい)がよいというのは
料理用語として使われていたのが一般に広く使われるようになり
梅には殺菌効果があるので
昔の旅人は梅干しを薬として携帯していた
など面白い話が数多くある。

富田文雄のHPはこちら→http://tomitafumio.jp/

B白梅1.jpg

B白梅2.jpg

B白梅3.jpg


posted by 富田 at 08:59| 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする