2018年10月09日

長野県戸隠での稲刈り

撮影に出ていたためにブログをお休みしていましたが
本日より久しぶりに投稿を始めますので宜しくお願い致します。
まずは、長野県戸隠にいる友人の田圃の稲刈りを手伝い
そのまま北上して来ました。
稲刈りの前日の夜は雨になり田圃に水が溜まり稲刈りには
不向きでしたが何とか済ませ稲を干すことが出来たので一安心。
撮影の都合があるので戸隠は早々に引き揚げて
次の撮影地に向かいました。

1コスモス咲く田園_長野県長野市9月.jpg
コスモスの咲く田園風景
2リンゴと棚田のある風景_長野県長野市.jpg
緑の中にリンゴと棚田のある風景
3稲刈りの終わった田圃_長野県長野市9月.jpg
稲干しの田園風景
4棚田のある風景_長野県長野市9月.jpg
棚田と集落の風景
posted by 富田 at 08:49| 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月25日

雨と霧の池

始めて訪れた白池は長野県との県境に近い
新潟県糸魚川市にある。
ある撮影で新潟県糸魚川市を訪れていて白池の存在を知る、
地図で見ると山の中を走る林道沿いにあり蓮華温泉が
終点で舗装をしていない細い道と思い込んでいて、
行ってみると全て舗装をしてありバスが蓮華温泉まで行くので
それなりの道だった。白池は道のすぐ脇にあり神秘的な池だった、
さて、どこから撮ろうとかと思っていたら雨が降り出し
水面を雨粒がたたいているのでこの水面を表現したいと
数枚撮ると雨は小雨になり水面は穏やかになってしまった、
次のアングルを探し三脚を立てているといきなり霧が湧いてきた
慌てて撮影したが一面霧の中に吸い込まれて神秘的な風景に変わった。

B雨の白池.jpg
雨粒が水面をたたく白池
B霧湧く白池.jpg
霧が湧き神秘的な風景になった

posted by 富田 at 08:19| 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月24日

雨の集落

朝から雨模様の天気だったのでどこかで雨を撮りたいと思いつつ
走っていると、高い位置から集落を見下ろす所があり
遠景は霞、手前は黒が多い色調の風景をみた、
手前が黒いと雨粒が表現しやすと考え雨が強くなるのを待った、
歌川広重の名所江戸百景、大はしあたけの夕立や東海道五十三次
にある庄野白雨、土山春の雨など思い出しながら待っていると
雨脚が強くなってきたのでわくわくしながら撮影をしたが
広重の雨の絵の様にはいかなかった、再度挑戦だ。

B雨の集落.jpg
雨の集落
posted by 富田 at 08:09| 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月23日

大曲の花火

8月25日に秋田県大曲市で行われた全国花火競技大会、
「大曲の花火」は花火師日本一決定戦と云われ
全国の花火師たちが腕を競う花火大会で内閣総理大臣賞を
始め色々な賞が授与される。
花火を含む祭りを専門に撮影している写真仲間が撮影に
行くと云うので同行させてもらった、
専門に撮影しているだけあって撮影ポイントはよく知っているので
よい場所が確保でき日本一の花火大会と云われるだけあって
流石に迫力があった。

「大曲の花火」_秋田県大仙市8月.jpg
全国花火競技大会「大曲の花火」
posted by 富田 at 08:55| 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月22日

月の暈

車中泊をしていた夜に体を動かしたくなり外に出てみると、
月が暈を被っていたので直ぐにカメラと三脚を出し撮影に入る。
満月前後の明るい月の回りに光りの輪が出来ることがある
これは巻層雲が広がるとこの巻層雲は小さな氷の粒で
出来ているので氷がプリズムの役をして月の光を
反射し屈折して起こる現象。
月が暈を被ると雨が降ると云われているが必ずしも
降るわけではないが降る確率は高いと云われている。

B月の暈.jpg
月の暈、月が暈を被ると雨が降ると云われている
posted by 富田 at 09:08| 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月21日

夕焼けに染まる風景

北へ向かい走って行く、この日も非常に暑い日であった。
夕方近くあまりにも暑いので少しでも標高の高い所で
車中泊をしようと山形県の月山に向かう途中で
庄内平野からみる月山と羽黒山の風景を撮影する、
この付近は以前から何度も通った事があるのでおおよその
見当はついていた、撮影後、月山を登っていると
夕焼けが綺麗になってきたのでどこかで撮影出来るところを
探しながら走っていると遥に鳥海山が見え日本海の空も
夕焼けで染まっていくのが見える場所に辿りつき
鳥海山と日本海の空の夕焼け風景を撮ることができた。

B夏の田と月山.jpg
夏の田圃と月山(右)と羽黒山(左)
鳥海山夕景.jpg
鳥海山の夕景
夕焼け、月山より.jpg
夕焼けに染まる日本海の空

posted by 富田 at 08:49| 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月20日

雉のいる風景

この日も朝から気温がぐんぐん上がり酷暑の日になった。
筑波山が見える集落を通りかかり長閑な風景なので
夏の田圃と集落そして筑波山という構図で空は青空、
撮影していると畦に一羽の雉がどこから来たのか
畦を歩いている、この時カメラに付けていたレンズは
24−105mmのズームレンズ、
車まで望遠レンズを取りにいくことは出来ない、
レンズをすぐに105mmにして雉を点景にして
筑波山を入れて撮影していると雉は直ぐに
いなくなってしまった。

B夏の田園と筑波山.jpg
レンズ30mmで夏の田園と筑波山を撮っていると
Bキジのいる夏の田園1.jpg
突然画面左下方の畦に黒く見える雉が現れた


posted by 富田 at 08:46| 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする