2018年03月01日

伊豆大島の椿

伊豆大島と言えば椿が頭を過る、
大島には300万本もの椿の木があると言うから凄いと思う、
東京都立大島公園、伊豆大島椿・花ガーデン、東京都立大島高校が
国際優秀つばき園に認定されていて観賞ができ、その中から
大島公園に寄ってみて椿の花の種類の多さに驚かされる、
ここには約1000品種3200本の園芸品種
5000本のヤブ椿があるとのこと。
花の小さいのから大きいの色々な色があり見ていて飽きない。

B1椿.jpg

B2椿.jpg

B3椿.jpg
posted by 富田 at 09:24| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月28日

伊豆大島へ

始めて伊豆大島に行ってみた。
天気予報では雨または雪などと言っていたが
稲取港から高速ジェット船に乗る時は曇りで波は高いが
走り始めるとそれほど揺れは気にならなかった、
約30分ほどで大島に着き、もう少し暖かいかなと思っていたが
天気が悪いためか風が冷たい。
3日遅れの便りを乗せて船はゆくゆく波浮港と言う歌があるが
どんなに長閑で昔の面影を残す港だろうかと勝手に期待をして港が見える
展望台に立ってみると長閑な港ではあった、この頃から青空が見えてきた、
大島一周道路沿いにある千波地層切断面は一万五千年から二万年前から
百年から百五十年に一度と言われている噴火の時の火山灰主体の
降下堆積物が幾重にも重なり縞模様を見せてくれて歴史を
感じさせてくれている。

B伊豆大島.jpg
歌にも歌われた長閑な波浮港
B.jpg
バウムクーヘンを思わせる千波地層切断面

posted by 富田 at 11:01| 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月27日

修善寺梅林

冬の撮影から一気に春の撮影に行ってきた。
静岡県伊豆市の修善寺自然公園の中にある
修善寺梅林に初めて行ってみると山の丘陵地帯に
ある梅林で紅梅白梅が見頃だった、
天気は下り坂との事だが青空と春の柔らかい
陽射しが心地よく梅の花に降り注いでいた。

B.jpg
梅の花の見頃を迎えていた
B修善寺梅林1.jpg
紅梅に春の柔らかい陽射しが降り注ぐ
posted by 富田 at 09:06| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月24日

湯ノ湖の黎明から日の出

栃木県の奥日光へ行き湯ノ湖の様子を見ると
凍っていない部分があるが男体山を入れて撮るアングルは
凍っていて雪原状態になっていたが雪原の模様を入れて
撮ることは出来るだろうと車中泊をして朝焼けから撮ることにした。
朝は非常に寒く車の中の水が凍ったほどだったがよく晴れていた、
前日見ておいた場所に行き黎明から撮影を始め次は
日の出を撮るのだが山から出る日の出なのでまだ時間がかかりそうだ、
結局撮り終えたのは8時頃なので撮影を始めて
3時間ほど湖畔に立っていたことになった。

B1.jpg
凍る湯ノ湖と男体山の黎明
B2.jpg
凍る湯ノ湖と男体山の日の出
B3.jpg
冬晴れの戦場ヶ原
B4.jpg
中禅寺湖より日光白根山を望む
posted by 富田 at 08:45| 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月23日

雪の皆瀬川沿い

秋田県を流れる皆瀬川は秋田、宮城、岩手の県境にそびえる
栗駒山系の湯沢市を水源として雄物川に合流する44.1kmの一級河川である。
皆瀬川には小安峡と言うV字谷の風光明媚な渓谷があり
四季を通じて観光客が訪れるてくる、
国道342号線にほぼ沿って流れていて途中に皆瀬ダムなどがあり
長閑な集落と美しい風景を見せてくれている。
小安峡の駐車場で車中泊をして早朝から撮影を始め
皆瀬川沿いに下ってみた。

B1小安峡.jpg
夜明け前のV字峡小安峡の大噴湯の湯煙
B2里の朝.jpg
朝霧漂う里の朝
B3雪の皆瀬川.jpg
冬晴れの雪の皆瀬川
posted by 富田 at 08:51| 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月22日

快晴の森吉山

天気予報では明日は晴れると言っている、
今回晴れる日を予定していなかったが気にしていたのは
秋田県にある森吉山の樹氷。
ここはゴンドラで樹氷地帯の近くまで行けるので
近くの道の駅まで行き車中泊して様子をみることにした。
朝起きると快晴で空を見ると月が残っているので大急ぎで
月の撮影が出来る所を探し撮影したがもう少し早く撮りたかった。
そして森吉山へ直行。

B1.jpg
残月
B2.jpg
森吉山、石森
B3.jpg
樹氷と太陽
B4.jpg
樹氷群
B5.jpg
花が咲いた様に木々に付いた雪
posted by 富田 at 08:21| 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月21日

凍る奥入瀬渓流

青森県津軽から移動して奥入瀬渓流を通り
十和田湖に向かったが十和田湖ではイメージしていた
風景は望めず途中走りながら見てきた奥入瀬渓流に戻る、
今年は寒いためか凍った滝が目に入る、
雲井の滝は多くの人達が入ったのか道が踏み固められ歩きやすい、
銚子大滝は氷柱がイメージしていた風景に近いので撮影は
楽しかった。

B.jpg
雲井の滝
B奥入瀬.jpg
銚子大滝
B.jpg
奥入瀬渓流の氷柱
B.jpg
九段の滝

posted by 富田 at 09:05| 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。