2017年04月03日

ヒヤシンス

ヒヤシンスと云うと水栽培で知られているので
水栽培のイメージが強いと思う、
公園関係者が植えたものだろうが他の花の中に
一輪咲いていた、よく見ると咲きたてなのか
傷も汚れもなく濃紫色がなんともいえぬ綺麗で
目立っていた。

富田文雄のHPはこちら→http://tomitafumio.jp/

Bヒヤシンス.jpg

写真展のお知らせです
写真仲間の6人展『竹紙で奏でる風景』
4月14日(金)〜5月4日(木)まで
大阪市北区梅田2−2−22
αプラザ SONYストア大阪 4F
11:00〜20:00

4月22日(土)23日(日)
13:00〜ギャラリートーク
15:00〜風景写真教室
を開きますのでぜひお越しいただけましたら幸いです。

posted by 富田 at 09:22| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月02日

まゆみの蕾と新緑

まゆみの蕾が膨らみ始め新緑の緑が綺麗になった。
古代まゆみの木で弓を作ったことから
真弓となったと言われている、
5〜6月に白い小さな花を付け秋には赤い実をつける、
まゆみの実は秋の季語です。

富田文雄のHPはこちら→http://tomitafumio.jp/

B.jpg
posted by 富田 at 08:43| 植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月31日

光の中で

花が開花してきているが空気の冷たさを感じていたが、
最近晴れると光の温もりを感じ春の訪れを意識する、
いろいろな花が咲き始めているが芽吹きも始まっている、
新芽たちの元気ある姿をイメージ的に撮影しようと考え
逆光で見て背景の光具合、ボケ具合を見ながら
元気で育ってくれと願いつつ撮影をした。

富田文雄のHPはこちら→http://tomitafumio.jp/

B.jpg

B新芽.jpg
posted by 富田 at 08:51| 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月30日

アオキの雄花

アオキは公園や庭木として多く植えられている、
葉が常緑でいつも青々としているためだろう、
よく知られているのであまり気にしないで見過ごすことが
多いがこれからの時期には小さな花が咲く、
アオキの花は雌雄異株で雌花と雄花が1cmにも満たない
ぐらいの小さな紫色の花が別々に咲く。

富田文雄のHPはこちら→http://tomitafumio.jp/

B.jpg
1cmにも満たない紫色のアオキの雄花

posted by 富田 at 08:15| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月29日

イヌガヤの雄花

イヌガヤ(犬榧)の雄花の蕾。
イヌガヤはイチイ科イヌガヤ属常緑小高木の針葉樹、
別名をヘビノキ(蛇の木)といい、粘りがあり耐久性
もあることから古代には弓を作ったと言われている。
雄花とは雌しべがなく雄しべしかない花のこと
偶然見つけたこれは花の蕾かと思ったが、何か分からず
いろいろ調べてみて雄花と分かり、もう少しして
花が咲いたら撮ってみようと思っている。

富田文雄のHPはこちら→http://tomitafumio.jp/

Bイヌガヤ(犬榧)の雄花(蕾)1(雄しべしかない).jpg
イヌガヤ(犬榧)の雄花の蕾
posted by 富田 at 08:54| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月28日

ユスラウメ

ユスラウメは山桜桃梅と書き梅桃でもユスラウメと読む。
バラ科サクラ属落葉低木の果樹で6月頃に甘酸っぱい
さくらんぼに似た赤い実をつけ、そのまま生食や
果実酒などに利用される。
それほど大きくない木なので目立たないが可愛い花が咲く。

富田文雄のHPはこちら→http://tomitafumio.jp/

Bユスラウメ.jpg

Bユスラウメ1.jpg

Bユスラウメ2.jpg
posted by 富田 at 08:06| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月27日

風に吹かれて

東京地方は21日に全国の観測地点のトップを
きって桜(ソメイヨシノ)の開花発表があったが
その後寒い日が続き花の開花が進んでいない。
先日よく晴れた日に一本の色鮮やかな寒緋桜が遠くに見える
何気に見ながらあるいていると手前には
芽吹いたばかりの柳が風に揺れている
風に揺られる柳の緑と色鮮やかな寒緋桜の色が目に沁みついた。

富田文雄のHPはこちら→http://tomitafumio.jp/

B柳.jpg
posted by 富田 at 08:31| 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする