2017年03月10日

雲の上の富士山

2月下旬慌ただしく沖縄石垣島へ向かうが
天気予報では東日本は下坂、
石垣島への直行便が羽田を飛び立つのは午前中なので
関東地方はまだ天気が持っている、富士山が見える事に期待を膨らませる。
羽田を飛び立ちしばらくすると富士山が見え始めた
予想より良かった、雲海の上に富士山が顔を出している、
飛行機に乗らないと撮れないアングルで
乗っても撮れるとは限らない写真です。(チャ―ターした飛行機は別として)

富田文雄のHPはこちら→http://tomitafumio.jp/

B富士山.jpg
ラベル:飛行機 羽田
posted by 富田 at 11:42| 富士山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月30日

富士山の夕陽

ダイヤモンド富士を狙っていたが夕陽の沈む位置が
予想より少々ずれていた。
富士山の真上に沈むのを期待していたが富士山の肩に
太陽は沈んでいった、肩でもよいのだが太陽が沈むころ
雲が多くなり富士山の形がやっと分かるていどだった。

B1.jpg
太陽が沈むにつれ雲が多くなる
B2.jpg
富士山が分からない
B3.jpg
少し富士山の形が分かるていど
posted by 富田 at 08:39| 富士山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年12月26日

富士山遠望

沢の水飛沫を撮影した後、天気は急速に回復してきたが、
辺りは霧に包まれている、神奈川県の丹沢湖畔にある駐車場に立ち寄ると
富士山展望所という案内板がある、
霧が晴れてその向こうに富士山が見えるといいなと思い
展望台に上がってみたが霧でどちらに富士山があるのか分からい、
暫く待っていると霧が晴れてきて富士山が見えた、
想像していたようにはいかないが、霧と富士山を画面に入れることができた。
この後、富士五胡方面に行くつもりでいたが、富士山周辺は雲が多く
近くからは富士山は見えないと思いヤビツ峠へ向かうと
雲の上に富士山が見え、こちらに向かい正解だった。

B霧.jpg
霧の林
B霧晴れる富士山.jpg
霧が晴れたときの富士山
B丹沢湖と富士山.jpg
丹沢湖と富士山
B富士山.jpg
ヤビツ峠からの富士山
posted by 富田 at 10:12| 富士山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月07日

朝の富士山

天気があまりよくないのでロケハン方々
久しぶりに静岡県富士宮市にある田貫湖へ行く。
夕方の天気予報ではあすは晴れと言っていたので
この日の車中泊は田貫湖にして富士山の朝焼けを
撮影することにして駐車場に行くと多くの車が止めているので
撮影する人達がすでに来ているのかと思っていたら
暗くなると皆帰り始めた、釣をする人達であった。
朝早く起きると星はちらほらしか見えない、
あまり天気はよくないがカメラを担ぎ湖畔へと行き撮影を始め
太陽が富士山の肩から出るまで粘ってみた。

B1黎明富士山.jpg
黎明の富士山
B2田貫湖より朝の富士山.jpg
朝焼けの富士山
B3田貫湖より朝の富士山.jpg
光芒が山頂にかかる
B4田貫湖より富士山の日の出.jpg
富士山の肩から太陽が顔を出す
posted by 富田 at 07:56| 富士山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月07日

五月富士

『五月富士』夏の季語である。
旧暦の5月頃に雪解けも進み周りの新緑も濃くなってくる富士山のこと、
旧暦の日付は新暦よりも1ヶ月ほど遅れることになるので
旧暦の五月は新暦の六月頃になる。
春霞という季語があるように春は晴れていても
遠景はぼんやりする事が多いがスッキリと晴れると
気持ちがよいものだ、
この日は遠景からの富士山を良く見え裾野の緑も進み
五月富士という撮影が出来た。

B新緑の富士山.jpg
posted by 富田 at 07:34| 富士山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月08日

富士山と月

撮影したのは満月になる前です。
朝霧高原を走っていると月が出てきた、
富士山と月を絡ませるために撮影場所を探すが
適当な場所が見当たらなく撮影する事が出来ず、
翌日、前日に月を見た時間と場所で待機して月を待つ、
暫く待つと月が出てきた月を追いかけ
撮影場所の見当をつけカメラをセットして
富士山頂から月が出るのを待つと山頂の剣ケ峰から
月が出てきて月はどんどん高く登っていく、
次回満月のとき再挑戦するつもり。

B1月と富士山.jpg
富士山山頂、剣ケ峰から出る月
B2月と巻雲の尾流雲.jpg
月と尾流雲
B3月と富士山.jpg
高く登った月
posted by 富田 at 08:06| 富士山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月05日

富士山、星空から日の出まで

富士山の撮影に行って来ました。
高速道路を使い富士五湖の一つである本栖湖へ行く、
湖畔に着くとすでに車が数台止まっていた、
着いてすぐ星空の撮影を始めるが誰一人星空を撮影
している人はいない、
皆さんは日の出の撮影のために車中泊をしているのです、
この日は星空を撮影して寝ずに朝焼け、日の出と
撮影をしていました。

B星空、本栖湖からの富士山.jpg
星空
B黎明、本栖湖からの富士山.jpg
黎明
B朝焼け、本栖湖.jpg
朝焼け
B巻雲と本栖湖と富士山.jpg
日の出直前、巻雲広がる
B本栖湖からの日の出.jpg
日の出
posted by 富田 at 08:32| 富士山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月04日

日の出

富士山五合目からの日の出、
駐車場で車中泊をして朝起きると快晴、
すぐ機材を持ち撮影ポイントへ向かう
爽やかな朝、山頂に向かう人達と
話を交わしながらの撮影でした。

1.jpg
雲から太陽が顔を出した時
2.jpg
山中湖の向こうからの日の出
3.jpg
太陽が大分上がってから、山中湖だけに雲がかかる
posted by 富田 at 07:31| Comment(0) | 富士山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月03日

富士山五合目からの風景

富士山五合目で車中泊したが寒かった、
五合目の駐車場に車を止め車を動かすと、
また駐車場に入るのが大変なので、車は止めておいてあとは歩く、
私が車中泊をしたのは富士スバルライン五合目、河口湖口と
言われている所、夏のシーズンは気軽に行ける所なので
駐車場に入る車で大変混雑します、
富士山五合目からの風景と五合目からの富士山です。

1.jpg
南アルプス、中央が北岳
2.jpg
八ヶ岳
3.jpg
河口湖
4.jpg
山中湖、別名三日月湖と言われるのが分かります
5.jpg
奥庭からの富士山
6.jpg
五合目駐車場から上弦の月と霧かかる富士山

posted by 富田 at 08:22| Comment(0) | 富士山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月01日

夕陽を浴びる富士山

この日も富士山と星空を撮影するために
撮影ポイントに早目に行くと、
富士山にかかる雲が夕陽を浴びて焼けたいた、
雲はどんどん湧いて来ているが、
富士山を覆い尽くすことはなかった。

1.jpg
ラベル:撮影 夕陽
posted by 富田 at 08:24| Comment(0) | 富士山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月31日

雲かかる富士山

前日の夜、富士山と星空を撮影して
そのまま駐車場で車中泊、
朝起きると快晴の富士山が目に飛び込んできた、
雲一つない富士山を撮影していると
周辺から雲が湧いてくる、富士山にも雲がかかり始め
大きな口を開けている宝永火口を雲が隠そうとする
瞬間に撮影した一枚です。

1.jpg
posted by 富田 at 07:18| Comment(0) | 富士山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月30日

夏の星空と富士山

富士山の静岡県側を走る富士スカイラインから
見た星空です、
北の空の星は北極星を中心に回転しているように
見えるため、北の空を長時間露光をすると、
写真のように見える、この日周運動と夏の富士山を
組み合わせて撮影しました、夏の富士山は登山客が多く
ご来光を見るため暗いうちから頂上を目指す人達の
懐中電灯の光が線になって見えます。

星空.jpg
posted by 富田 at 07:41| Comment(0) | 富士山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月27日

夏の富士山

ある企業のカレンダーに携わって3年目、
この企業は毎年富士山でカレンダーを制作しています、
毎年夏の富士山ではあまりクリアーな撮影が出来ないが
今年はクリアーな富士山が撮影出来たのですが、
すぐ富士山に雲が出てきて長続きしません、
この日もこの撮影した後に雲が出てきて
富士山は見えなくなってしまった。

1.jpg
posted by 富田 at 07:51| Comment(0) | 富士山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月11日

雲湧く富士山

山梨県河口湖畔から見た富士山
富士山から雲が湧き始めたかと思うと
すぐ富士山を覆ってしまった、
雲はどんどん動いているので撮影をしていると
時間が経つのが早い、気が付くとかなりの枚数を
撮影しているが、これはと言う作品がなかなか出来ない。

雲湧く.

ラベル:撮影 河口湖 山梨
posted by 富田 at 07:27| Comment(0) | 富士山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月10日

三国峠からの富士山

全国に三国峠、三国山といわれる所が数か所ある、
山梨県神奈川県静岡県の境にある三国山はみくに山と言う、
この三国山の裾を通る三国峠の山梨県側は富士山の展望がよい、
山中湖から三国峠を少し登ると展望台があり
富士山、山中湖、山中湖の向こうには南アルプスの山々が望まれる、
この展望台付近は富士山の撮影ポイントでもあり
多くの写真愛好家達が三脚を並べている。

1.jpg
posted by 富田 at 09:23| Comment(0) | 富士山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月09日

花の都公園

山梨県山中湖村の標高1000mにある
花の都公園は春のチューリップやキカラシなどから
夏の百日草、ひまわり、秋のコスモスなど
富士山を背景に雄大な花畑を見ることが出来ます、
現在は百日草が花を咲かせています、
百日草は開花期間が長いので、この名が付いたそうです。
花の都公園.



ラベル:富士山 花畑 山梨
posted by 富田 at 08:45| Comment(0) | 富士山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月08日

快晴の富士山

山梨県都留市と忍野村との境にある
標高1151.5mの二十曲峠に行く、
二十曲峠は富士山の眺望スポットとして人気があり、
忍野村側から車で手軽にいけることから
多くの写真愛好家達が訪れています、
この日は朝から快晴、すでに何人もの
写真愛好家達が三脚を並べていました。

1.
posted by 富田 at 07:40| Comment(0) | 富士山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年08月07日

宝永火口

宝永火口とは1707年(宝永4年、江戸時代)に
起きた富士山大噴火の時に出来た火口を
宝永火口と呼んでいます、
富士山は宝永大噴火の他に、平安時代に発生した
延暦の大噴火、貞観の大噴火があります、
南側から富士山が見える場所なら
富士山に大きな口を開けているのが目立ちます。

宝永火口.
posted by 富田 at 08:23| Comment(0) | 富士山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月26日

富士山

本栖湖

24日25日で、ある原稿を書き終え、
先日行った富士山の写真を整理しながら
久しぶりに、岡田紅陽先生の富士山の本を読んで、
ある写真の解説の最後に「この勝負は僕の勝。」
富士山を撮影する場は富士山との決戦場でもある
と書いてある
富士山を見つめ富士山に常に挑戦している
姿が想像できます、
私も何時になったら「この勝負は僕の勝。」
と云えるだろうか。
3月21日本栖湖からの撮影です。

富田文雄公式サイト
http://www.f-tomita.com
ラベル:山梨 本栖湖
posted by 富田 at 07:59| Comment(0) | 富士山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月27日

笠雲の富士山

笠雲

富士山に笠雲がかかり始めたので大急ぎ
静岡県側にある富士スカイラインを走り
西臼塚駐車場へ行き撮影。
この笠雲があるときは富士山頂上付近は
風が強く、よく見ていると雲の形が常に変化している、
また暖かい湿った空気が入り天気が崩れてくると言う、
確かに翌日は天気が悪くなった。
2月21日の撮影です。

富田文雄公式サイト
http://www.f-tomita.com
posted by 富田 at 07:37| Comment(2) | 富士山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする