2008年01月07日

赤い靴の母子像

赤いくつ.

童謡「赤い靴」は野口雨情作詞、本居長世作曲で
大正10年に発表された歌です。
静岡県清水市出身の岩崎かよの娘きみが、この歌のモデルに
なっていて、赤い靴の女の子はアメリカへ渡って行った
事になっているが実際は行ってはいない、9歳の時
孤児院で亡くなったと云う。母親は娘かよを連れ
大変苦労をしたらしく、かよが亡くなったのを知らず
アメリカへ宣教師夫妻と渡ったと思って生涯を閉じている、
母親が娘きみがアメリカに渡ったと思っていた通りの
歌になっている。

ホームページのギャラリーページに、追加を致しましたのと
新規に新撮風景写真ページを追加致しました。
富田文雄公式サイト
URL http://www.f-tomita.com


ラベル:風景写真
posted by 富田 at 10:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 人物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。