2019年01月05日

季語、短日

短日(たんじつ)という季語がある。
秋分のころ昼間と夜の時間が同じになりその後少しづつ
昼間の時間が短くなり冬至の頃に最も昼間が短くなる、
正月を過ぎた今でも昼間の時間が短いが
一月も末頃になると日の出が少し早くなって来たと
感じるようになると思う。

B武蔵野の雑木林.jpg
まだ夕陽の時間が早い
posted by 富田 at 08:49| 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする