2018年12月11日

川北の大柿

広島県庄原市にある川北の大柿は庄原市から北に延びる
国道432号からでも見え存在感を感じる。
朝霧がまだわずかにのこる田圃の中に推定樹齢約500年
樹高12m幹回5.74mと記されている柿の木の巨樹である、
田圃の中に一本だけ聳え立っていると言う表現が似合うと思う
脇には祠があり昔から崇拝されてきたのではないかと感じる。

B2柿の木と祠.jpg
田圃の中に一際目立つ柿の木の巨樹


posted by 富田 at 09:03| 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。