2018年01月16日

冬の陽射し

日本の冬は太平洋側は乾燥した晴れの日が続き、
逆に日本海側は曇りや雪の日が多く太陽には
あまりお目にかかれない。
冷たい空気の中で陽の光があると心と体が暖かくなる
太陽の光には骨を強くするなど体を維持するビタミンDを
造る役目があるとのこと、一日3分から15分ぐらいでも
光を浴びるとビタミンDは生成されるらしいが
過度の紫外線を浴びると皮膚炎が生じたりするので
注意しなければならないと書いてあった。

B.jpg
冬の陽射し
posted by 富田 at 11:13| 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする