2017年08月20日

千年前の夢

8月5日の夜に東北へ撮影のために旅に出て
18日の夜に帰って来ました。
旅先では撮影に集中するためパソコンを持たず
ブログ投稿を致しておりませんでした、久しぶりの投稿です。

まず向かったのが岩手県奥州市にある長者ヶ原廃寺跡。
ここは中尊寺から北に約1kmの所にあり、以前は藤原秀衡の御用商人である
金売吉次の屋敷後と伝えられていたが、数回の発掘調査により
奥州藤原氏の祖先である安倍氏が建立した寺院と推定された。
そして前九年の役で源頼義・義家父子に滅ぼされ焼失したとの事。
今から千年も前の事で建物の名前や構造はいまだに分からないらしいが
勝手に色々想像すると夢が膨らんでくる。

B礎石.jpg
長者ヶ原廃寺跡の礎石
B長者ヶ原廃寺跡の石仏.jpg
長者ヶ原廃寺跡の片隅にある石仏


posted by 富田 at 08:09| 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。