2017年07月01日

ロシア、スパース・ナ・クラヴィー大聖堂

ロシア、サンクトぺテルブルグにあるスパース・ナ・クラヴィー大聖堂は
玉ねぎ型の屋根が美しい古代ロシア風の協会で
アレクサンドル2世が暗殺された現場に建てられ「血の上の救世主教会」
とも呼ばれている。
25〜30年前このスパース・ナ・クラヴィー大聖堂の脇の運河で
その時、通訳兼ガイドの女性をモデルに撮影したことを思い出した。
変わらない美しい街でした。

Bスパース・ナ・クラヴィー大聖堂.jpg
スパース・ナ・クラヴィー大聖堂と運河、地の上の救世主教会とも呼ばれている
Bスパース・ナ・クラヴィー大聖堂近くの運河.jpg
スパース・ナ・クラヴィー大聖堂近くの運河


posted by 富田 at 09:04| 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。