2017年03月13日

トロピカルイメージ

石垣島から帰る日に、伝統的な八重山の古民家が
移築された日本の最南端のテーマパークである
石垣やいま村へ寄ってみた。
やいまとは八重山方言で八重山のこと。
今にも雨が降りそうな暗い空であるため撮影は進まないが
園内の片隅にあった鉢の中に水に浮いた南国の花達が印象に残った。
石垣島から東京まで約2000km、台湾まで270km、
香港までは1100km、フィリピンは1200km
石垣島がいかに遠く東南アジアに近いかが分かった。

富田文雄のHPはこちら→http://tomitafumio.jp/

B1オオベニゴウカン(大紅合歓)1.jpg
やいま村園内に咲いていたオオベニゴウカン(大紅合歓)
B2トロピカルイメージ.jpg
南国の花達
B3石垣島.jpg
雨の中を石垣島を飛び立つ
B4雲海.jpg
沖縄地方を覆う雨雲の上
posted by 富田 at 09:46| 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする