2017年01月15日

草の絮

この時期になってススキも枯れススキと云われる
状態になっているがススキの絮が残っているのを
逆光でみると綺麗である。
枯芒は冬の季語であるが、イネ科やカヤツリグサ科などの
秋草の穂の総称である草の穂は秋の季語、
穂花がとけてばらばらになった綿状のものを草の絮という。

富田文雄のHPはこちら→http://tomitafumio.jp/

B枯ススキ.jpg

B枯ススキ1.jpg


【関連する記事】
posted by 富田 at 09:40| 季語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。