2016年12月13日

落ち葉の風景

紅葉も盛りを過ぎ、木々の葉も大分落ちてきた。
明治時代に国木田独歩が発表した「武蔵野」には
”すでに武蔵野の俤は今わずか入間郡に残れり”と書かれている、
現代に僅かの残る武蔵野の面影のコナラやクヌギを中心とした
雑木林を訪ねてみると林の中は落ち葉が敷き詰められている、
美しい風景だと思う。
武蔵野の風景が年々少なくなるのは残念なことだ。

B落ち葉.jpg
雑木林の中を落ち葉が敷き詰める
B落ち葉1.jpg
雑木林の向こうに陽が傾き始める


posted by 富田 at 09:29| 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。