2016年01月05日

落ちない葉

雑木林の中を歩いていて枝先に葉がしがみ付くと云うか
頑張っていると云うか微風にひらひらとしている、
写真を撮っていてふと思い出したことがある、
平成3年9月に台風が青森県津軽地方を襲って収穫前の
リンゴに大変な被害がでて9割ものリンゴが落ちてしまった、
1割のリンゴは落ちることなく被害を免れた、
この落ちなかったリンゴを全国の神社で「落ちないリンゴ」として
販売したところ完売したという。
このことを思い出しながら「落ちない葉」というのがあるのかと
考えて調べてみると、クスノキ科のクロモジ属であるヤマコウバシの葉は
葉が枯れても枝についたまま春に新芽が出るまで落ちないらしい、
この葉をシールやカードにして販売されていて受験生に人気があるとのこと。
さすが商魂たくましいと思う。

B1.jpg

B2.jpg

B3.jpg

B4.jpg

B5.jpg


ラベル:雑木林 枝先 微風
posted by 富田 at 08:30| 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。