2015年05月23日

ナスカの地上絵

南米ペルーのリマから南へ約400kmのところにある
高原の砂漠地帯、ナスカ平原に描かれた巨大な模様は
未だに誰が何のために描いたか定説が無いために
ミステリアスな説が出てくるのでしょう、
いずれも約30cmほどの幅で掘られているもので
動物などの絵が風化せずに世界遺産に登録され残されている。

Bナスカの地上絵(オウム).jpg
オウム
Bナスカの地上絵(クモ).jpg
クモ
Bナスカの地上絵(コンドル).jpg
コンドル
Bナスカの地上絵(ハチドリ).jpg
ハチドリ
Bナスカの地上絵(猿).jpg
サル
Bナスカの地上絵(犬).jpg
イヌ





posted by 富田 at 09:03| 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。