2014年10月15日

ノートルダム・デュ・キャップ教会

カナダ、モントリオールとケベックの中間点に
トロワ・リビエールという小さな町があり
そこにノートルダム・デュ・キャップ教会がある、
ノートルダム・デュ・キャップ教会は約300年前に
地域教会として始まり、その後聖母教会となり、
近年新しく大きな聖堂が造られた。
静かな庭園は森に囲まれ、地域の人達を始め
小動物や鳥達の憩の場になっている。

Bカナダ・トロワ・リビエール、.jpg
ノートルダム・デュ・キャップ教会、手前が旧聖堂、奥が新聖堂
Bノートルダム・デュ・キャップ教会.jpg
新聖堂内部のステンドグラス
B庭園2.jpg
広く静かな庭園
Bリス.jpg
沢山のリス達が遊んでいる
B庭園.jpg
長閑な庭園で遊ぶリスを見守る地域の人達


posted by 富田 at 08:30| 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。