2007年01月07日

東洋のドーバー

0107-1.jpg

屏風ケ浦は、高さ約50mの茶褐色の絶壁が
10kmも続く海岸線で、英仏海峡のドーバー
の白い壁に匹敵すると言われ、東洋のドーバー
と呼ばれている。私はこの絶壁を朝焼け、朝日で
赤くなった所を、撮影したいのだが、
いまだに撮影出来ていない。

1月7日は、七草粥を食べる日で、七草粥は
新年のご馳走やお酒で弱った胃腸を、
労わる為なのですが、一年中食べすぎ、飲みすぎ
のかたは、今年は控えたほうが、よろしいのでは。


ラベル:千葉 朝日
posted by 富田 at 08:44| Comment(2) | TrackBack(0) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。ご無沙汰しています。
パソコン苦手の富田さんがとうとう始めたのですね。
でも、カメラマンはいいなぁ。人に向けて発信するものがたくさんあるんですものね。
これからも時々お邪魔します。
Posted by 浅野陽子 at 2007年01月08日 16:32
浅野様

ご無沙汰しております。
浅野さんもがんばっていますね。
浅野さんのブログも見させて
いただきます。
Posted by 富田 at 2007年01月09日 07:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。