2007年01月05日

鯨の骨で作られた橋

0105.jpg

大阪の東淀川区にある瑞光寺境内に、
欄干を鯨の骨で作られた、珍しい石橋がある。
橋の名前を「雪鯨橋」と言う。

宝暦6年(1756)に瑞光寺4代目住職が
南紀の太地の浦を旅していた時、不漁に苦しむ
村人達に、鯨の豊漁祈願を依頼されたが、
殺生が五戒の一つである事から、承知しなかった。
村人達の熱意におされ祈願したところ、鯨が豊漁
となり、村人達の謝恩として黄金30両と鯨骨が
送られたので、この骨で橋を作り、
鯨の冥福を祈ったと云われている。
大阪へ行かれた節は、一度行って見ては如何ですか。


ラベル:大阪
posted by 富田 at 08:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。