2006年12月01日

カッチョの風景

169_6919.JPG

169_6930.JPG

太宰治の故郷、津軽にはカッチョが似合う。

カッチョは家の周りを板で囲う、防風雪柵の事で、
昔は流木などで作ったらしいが、今は材木屋さんで
家に合わせた大きさに作っている。
漁村では、海からの強い潮風をカッチョで家を守り、
農村では、風雪など強い風からカッチョで家を守る。
北国で暮らす人達の知恵ですネ。


ラベル:写真 青森
posted by 富田 at 05:49| Comment(2) | TrackBack(0) | 田舎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
小野里です、、元気ですか、
びっくりです

ブログ富田さんが作ったんですか?。
しんじられな〜〜い?。です。



Posted by 小野里隆夫 at 2006年12月04日 18:01
小野里様

お久しぶりです、9月6日から始めました。
佐藤尚さんの、ご教授とアドバイスで
何とか此処まで来ました。
Posted by 富田 at 2006年12月04日 21:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。