2006年11月30日

海岸風景を見て思う

168_6876.JPG
写真は津軽の海

海岸風景などを撮影していて、何時も思うのは、
約200年も前に17年の歳月をかけて、初めて
実測による日本地図を作った伊能忠敬のこと。
人の一歩一歩の積み重ねが、やがて大きな業績に
つながるのではないですか。
やはり人間は、好奇心といつも勉強する努力が
必要ですね。


ラベル: 写真 青森
posted by 富田 at 07:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。