2006年11月25日

中道往還

コピー 〜 293_9315.JPG

コピー 〜 293_9351.JPG

甲州から駿州に通じる道で、
甲州名物の煮鮑の道でもあった。

11月24日のブログの続き。
杖突峠を越えた信長は、諏訪に滞在した後、
甲州に入り、花水坂で初めて富士山を遠望して、甲府にとう留。
その後、中道往還の右左口峠を越え、
本栖湖畔に泊まり、富士山を見る。
今は歩く人は、殆どいない中道往還の古道は、
昔の面影を色濃く残していて、当時の人が現れそうな雰囲気がある。
続く。


posted by 富田 at 23:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。