2006年11月13日

風景写真家・佐藤尚さん

288_8890.JPG

288_8864.JPG

287_8704.JPG

ふるさと写真を撮影していて佐藤尚さんを思い出す。

佐藤尚さんは農村風景など、ふるさと写真の撮影を続けている。
失われつつある、田圃、畑、茅葺の民家や何気ない農村の風景
を佐藤尚流のものの見方で、写真に記録している。
以前「こころの故郷」と題した新潟県魚沼地方の写真集を出版
された、これこそ日本の原風景ではないかと思います。
これからも、佐藤尚さんは貴重なこころの故郷を
撮り続けて行くのでしょう。


posted by 富田 at 09:24| Comment(2) | TrackBack(0) | おすすめ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。
富田さんのブログに初コメントです (^^)
ご紹介いただきありがとうございました。
富田さんの励ましがあったからこそ、
これまで写真を続けてこれたんだと思っています。
最近は富田さんの影響で人物スナップまで初めてしまいました。
大変に感謝しております。

広島県にある柿の古木は、存在感がありますね。
以前より撮ってみたいと思っているんですよ。

これからも更新を楽しみにしています。
Posted by 佐藤 at 2006年11月15日 08:38
佐藤さま

私も佐藤さんの影響を受け、ふるさと写真に目が
行く事が多くなっています。
これからも宜しくお願い致します。
Posted by 富田 at 2006年11月15日 14:41
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。