2012年03月03日

雪原と太陽

雪渡り

宮沢賢治の作品の一つに雪渡りと云うのがあります。

雪渡り その一(小狐の紺三郎)

雪がすっかり凍って大理石よりも堅くなり、
空も冷たい滑らかな青い石の板で出来ているらしいのです。
「堅雪かんこ、しみ雪しんこ」
お日様がまっ白に燃えて百合の匂いを撒きちらし
又雪をぎらぎら照らしました。

と冒頭にあります、
このイメージを岩手県小岩井農場付近で
雪原と太陽を撮影してみました。
2月9日の撮影です。

富田文雄公式サイト
http://www.f-tomita.com


posted by 富田 at 09:41| Comment(0) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。