2006年09月24日

武蔵国分寺お鷹の道

r-1.JPG   q-1.JPG

国分寺のお鷹の道を訪ねてみた。

水の綺麗な小川沿いに雰囲気の好い約350メートルほどの遊歩道がある、これがお鷹の道。この辺はコナラ・スギ・イヌシデなどの木が多くあり武蔵野の面影を色濃く残している。
江戸時代の寛延元年(1748)国分寺市内の村々は、尾張徳川家の御鷹場だったことからお鷹の道と云う名前が付いたらしい。近くに美女伝説のある真姿の池や旧鎌倉街道、武蔵国分寺跡、国分尼寺などがあり歴史をも感じる所です。   写真(上)お鷹の道(下)旧鎌倉街道 06年9月24日撮影


posted by 富田 at 15:43| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。