2011年03月01日

小夜の中山

茶畑

旧東海道の三大難所の一つと言われていた小夜の中山峠。
現在の静岡県島田市になる旧東海道の菊川宿から
細い急な箭置坂を上って行く旧東海道は尾根道になり
道の脇は長閑な茶畑が広がっていて難所というイメージは
感じられない風景です、この辺りから掛川市になります、
坂を上り詰めると古刹久延寺があり、遠州七不思議の一つ
夜泣き石のある寺で、また山内一豊が境内に茶亭を設け
徳川家康をもてなしたと言われています、
歌川広重の東海道53次「日坂小夜の中山」の絵にも夜泣き石が
書かれています、
久延寺の先に一軒だけ子育飴をうる、茶屋の扇屋がありますが
あいにく店は閉まっていました、その先から旧東海道は
下り坂で日坂宿へと続いています。

富田文雄公式サイト
http://www.f-tomita.com


posted by 富田 at 11:26| Comment(0) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。