2010年09月08日

北上川と束稲山の朝

北上川と束稲山

岩手県平泉町の北上川を望む小高い丘が
高館、何度ここから朝陽の撮影をしようと
来たことでしょう。松尾芭蕉も奥の細道を
旅している時まず高館を訪れ、「先高館に
のばれば、北上川南部より流るゝ大河也」と
文を残しています。
厳美渓の道の駅に車中泊をして、朝早く起き
朝焼けから撮影を始めたのですが、明るくなるにつれ
だんだん雲が多くなりはじめたので、束稲山が
雲に覆われないよう祈りながら撮影を続け、この日は
なんとか太陽が昇るところまで撮影が出来ました。
8月25日の撮影です。

富田文雄公式サイト
http://www.f-tomita.com


posted by 富田 at 09:45| Comment(2) | 奥の細道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
遠野、そして、朝焼け、夕焼け。
富田さんの真骨頂ですね。
Posted by あさこ at 2010年09月16日 10:58
あさこさま
お元気ですか、あさこさんは忙しい日々を送られているのでしょう。
Posted by 富田 at 2010年09月16日 22:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。