2010年05月31日

古い面影を残す港町

鞆の浦

鞆の浦は広島県福山市の南の
瀬戸内海に面した港町で、日本で最初に
国立公園として雲仙や霧島とともに
瀬戸内海国立公園として指定された地区に
入っています。鞆の浦は日本で最古の和歌集
である万葉集にも登場する古くから栄えた
港町で、江戸時代の常夜燈などや古い町並が
残り当時の面影を残しています、
弥生時代にはすでに集落があった可能性が
高いと云われています。
5月12日の撮影です。

富田文雄公式サイト
http://www.f-tomita.com


posted by 富田 at 08:50| Comment(0) | 農漁 山村 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。