2010年01月31日

歌枕の地

末の松山

宮城県多賀城市の末の松山に向かう、
末の松山は松尾芭蕉も訪れた歌枕の地です、
住宅街に囲まれた、末松山宝国寺の裏山に
樹齢450年以上の松の木が2本、連理と
なってそびえています。以前一本の松の
枝が雪の重みで折れてしまい、残念な事に
大きく松の樹景を変えてしまいました。
松の木をイメージ的に表現するために
太陽を入れて撮影しました。
1月24日撮影です。

富田文雄公式サイト
http://www.f-tomita.com


posted by 富田 at 09:31| Comment(0) | 奥の細道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。