2009年12月01日

沈下橋の日の出

沈下橋

天気予報で明日は晴れとの事なので、
日本の最後の清流と言われている高知県の
四万十川に架かる沈下橋を撮影する事にしました。
四万十川も沈下橋も今まで撮影したことが無いし、
ロケハンも出来ていないので少々不安でしたが、
まずどこかの沈下橋の日の出を撮影したく、
朝早く起きて沈下橋と日の出の撮影出来る場所を
約2時間車走り探し求め、日の出の時に
出会ったのが佐田の沈下橋です。

沈下橋には欄干がありません、増水時に橋が水面下にあれば
流木などが引っかからず、橋が壊される事がないようになの
です、また橋が壊れても再建が簡単なのと費用が安上がり
と言う利点があります。生活の知恵だと思いました。
細い欄干の無い橋を渡るのは少々不安でした。
11月15日撮影です。

富田文雄公式サイト
http://www.f-tomita.com


posted by 富田 at 10:55| Comment(0) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。