2008年09月10日

直江石堤

直江石堤.

直江石堤(谷地河原堤防)この堤防は直江兼続が
慶長6年(1601年)に山形県米沢の町づくりと
ともに治水事業の一環として整備されたもので、
直江石堤は最上川の上流松川にあり、当時は
川底が浅く水の流れが急なことから一度氾濫を
すると米沢の町まで害を及ぼすために築堤された、
これで米沢城下の水害がなくなり米沢城下が
拡張されたとの事、山梨県の釜無川にも武田信玄が
作った信玄堤が今でも残っています。

富田文雄公式サイト
URLhttp://www.f-tomita.com


ラベル:直江兼続 山形
posted by 富田 at 08:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。