2019年01月19日

ドウダンツツジ

ドウダンツツジを漢字で書くと灯台躑躅と書く、
調べてみると、枝分かれしている部分が昔夜間の明かりに
用いた結び灯台と言われる脚部に似ているために
灯台と書くようになったらしい。
4月から5月ころに白い小さな壺というか釣鐘形の花を
咲かせ秋の紅葉はとても綺麗な植物である。
冬枯れしても不思議な形を残し楽しませてくれている。

Bドウダンツツジ.jpg
冬枯れのドウダンツツジ


posted by 富田 at 08:57| 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。