2018年02月11日

鳥居と祠のある小さな島

青森県津軽十三湖から冬の龍飛崎に向かうには
日本海側の道は通行止めなので外ヶ浜町に出てから北上して行く、
内陸を通る道もあるが私は海岸線を通り龍飛崎に向かう事にした。
龍飛崎に近づくにつれ空には黒い雲が一面を覆っている
生活をしている方達には申し訳ないが雪が降って欲しいと
思いながら走っていると雪を被った小さな岩の島があり
そこには小さな鳥居と祠がある、町の方達が海の安全を
願って建てたものだと勝手に想像している、
黒い風景の中に白い雪を着た島が印象的だった。

B.jpg
雪を被った鳥居と祠のある島
posted by 富田 at 08:33| 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする