2017年09月04日

巨樹十二本ヤス

青森県五所川原市金木町にある巨樹です。
通称を十二本ヤスと云い樹種はヒノキアスナロ、
ヒノキアスナロはアスナロの変種でヒバと呼ばれている。
十二本ヤスは幹回り約8m樹高約34m推定樹齢は800年とされ
地上3mの所が太くなり4mの所から枝が天に向かい伸びている
枝の十二本は新しい枝が出てくると一本が枯れ一本が枯れると
新しい芽が出て常に十二本を保っているという。
魚を突き刺して獲るモリに樹形が似ていることから
十二本ヤスと呼ぶようになったと書いてあった。

B1.jpg
五所川原市指定天然記念物の十二本ヤス
posted by 富田 at 07:55| 植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする