2017年03月11日

西表島仲間川

石垣島から西表島まで船で約40分揺られ西表島の大原港に着き、
大原港近くにある仲間川の遊覧船に乗る。
仲間川沿いには広大なマングローブの林があり干潮のときには
水に浸かっている木々の根が露出されるが、この時は干潮には
少々早いため露出した根を見ることが出来なかった。
大原港から仲間川を約6.5km遡り船着き場から少し歩くと
日本最大のサキシマスオウの木が堂々と鎮座している。
推定樹齢400年、波打つ様に発達した板根は迫力を感じる。
今回の目的はこの木を見ることでした。

富田文雄のHPはこちら→http://tomitafumio.jp/

1B仲間川のオヒルギ林.jpg
仲間川沿いのオヒルギ林
2B西表島、仲間川.jpg
西表島のジャングルの中を流れる仲間川を遡る
3Bサキシマスオウノキ.jpg
堂々としたサキシマスオウの木
posted by 富田 at 09:45| 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする