2017年03月31日

光の中で

花が開花してきているが空気の冷たさを感じていたが、
最近晴れると光の温もりを感じ春の訪れを意識する、
いろいろな花が咲き始めているが芽吹きも始まっている、
新芽たちの元気ある姿をイメージ的に撮影しようと考え
逆光で見て背景の光具合、ボケ具合を見ながら
元気で育ってくれと願いつつ撮影をした。

富田文雄のHPはこちら→http://tomitafumio.jp/

B.jpg

B新芽.jpg
posted by 富田 at 08:51| 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月30日

アオキの雄花

アオキは公園や庭木として多く植えられている、
葉が常緑でいつも青々としているためだろう、
よく知られているのであまり気にしないで見過ごすことが
多いがこれからの時期には小さな花が咲く、
アオキの花は雌雄異株で雌花と雄花が1cmにも満たない
ぐらいの小さな紫色の花が別々に咲く。

富田文雄のHPはこちら→http://tomitafumio.jp/

B.jpg
1cmにも満たない紫色のアオキの雄花

posted by 富田 at 08:15| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月29日

イヌガヤの雄花

イヌガヤ(犬榧)の雄花の蕾。
イヌガヤはイチイ科イヌガヤ属常緑小高木の針葉樹、
別名をヘビノキ(蛇の木)といい、粘りがあり耐久性
もあることから古代には弓を作ったと言われている。
雄花とは雌しべがなく雄しべしかない花のこと
偶然見つけたこれは花の蕾かと思ったが、何か分からず
いろいろ調べてみて雄花と分かり、もう少しして
花が咲いたら撮ってみようと思っている。

富田文雄のHPはこちら→http://tomitafumio.jp/

Bイヌガヤ(犬榧)の雄花(蕾)1(雄しべしかない).jpg
イヌガヤ(犬榧)の雄花の蕾
posted by 富田 at 08:54| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月28日

ユスラウメ

ユスラウメは山桜桃梅と書き梅桃でもユスラウメと読む。
バラ科サクラ属落葉低木の果樹で6月頃に甘酸っぱい
さくらんぼに似た赤い実をつけ、そのまま生食や
果実酒などに利用される。
それほど大きくない木なので目立たないが可愛い花が咲く。

富田文雄のHPはこちら→http://tomitafumio.jp/

Bユスラウメ.jpg

Bユスラウメ1.jpg

Bユスラウメ2.jpg
posted by 富田 at 08:06| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月27日

風に吹かれて

東京地方は21日に全国の観測地点のトップを
きって桜(ソメイヨシノ)の開花発表があったが
その後寒い日が続き花の開花が進んでいない。
先日よく晴れた日に一本の色鮮やかな寒緋桜が遠くに見える
何気に見ながらあるいていると手前には
芽吹いたばかりの柳が風に揺れている
風に揺られる柳の緑と色鮮やかな寒緋桜の色が目に沁みついた。

富田文雄のHPはこちら→http://tomitafumio.jp/

B柳.jpg
posted by 富田 at 08:31| 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月25日

カリンの花

やっとカリンの花が開きました。
3月13日にカリンの木を見つけ蕾を撮影した、
それから気になり蕾をよく見に行っていたが
なかなか開かなかったが昨日開いていた。
カリンの木に蕾はいくつもあったが
この花が一番先に蕾を見せてくれていて
成長も早く他の蕾はまだ固いままでいる。

富田文雄のHPはこちら→http://tomitafumio.jp/

Bカリン.jpg
昨日開いたカリンの花
Bカリンの蕾.jpg
3月13日に撮影したカリンの蕾

タグ: 開く 成長
posted by 富田 at 08:54| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月24日

マクロレンズでの撮影

色々な花が咲き始め被写体が多くなってきた。
カメラにマクロレンズ一本を付てそれだけで歩くことが多い、
その場合は花や植物だけを見ている、
マクロレンズには標準レンズに近い50mm前後、
中望遠レンズ100mm前後、望遠レンズ200mm前後のタイプが
あるが私が使用しているレンズは100mmのマクロレンズ、
100mm前後のレンズが花や植物をクローズアップするのに
丁度よいと思う絞りはあまり絞らずまボケ具合を活かすことが多い。
写真は最近出会った花と植物。

富田文雄のHPはこちら→http://tomitafumio.jp/

B1.jpg
アセビ
Bシデコブシ.jpg
シデコブシ
Bハクモクレン.jpg
ハクモクレン
Bプリムラマラコイデス.jpg
プリムラマラコイデス
Bベニカナメモチ.jpg
ベニカナメモチの新芽
B雪柳.jpg
ユキヤナギ
posted by 富田 at 08:31| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月23日

花、光と風

昨日久しぶりの光が注ぐ中で花を撮った、
風が強く花達がいつまでまってもじっとしていてくれない、
シデコブシを見ていて気が付いたのは花びらが風がないと
下がったままだが風が吹くと元気に花びらを膨らます、
デジタルカメラはISO感度をその時に応じて変えられるので
感度を上げ風の吹くのを待ち花びらのバランスのよいところで
早いシャッタースピードで撮った。
レンギョウは背景の暗い所を選び花が浮き立つアングルで撮る、
アセビは夕方の光でやはり花が浮き立つ様に撮った。

富田文雄のHPはこちら→http://tomitafumio.jp/

B1.jpg
シデコブシ、風の吹くのを待ち花びらのバランスを考えシャッターを切る
B2.jpg
レンギョウ、背景を暗い所を選び花を浮き立て、ここでは風のおさまる時にシャッターを切った
B3.jpg
アセビ、夕方の光を意識して花が浮かび上がる様にアングルを選ぶ
posted by 富田 at 09:51| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月22日

タブノキの冬芽

タブノキはクスノキ科タブノキ属常緑高木の植物。
一年を通して緑の葉が付いているが今の時期に
枝先に沢山の冬芽が膨らんで見られる、
芽を覆って保護していのがうろこ状になっている冬芽には
花と葉が両方入っているのと葉だけの物がある。
花期は4月から6月ごろ、これからが楽しみです。

富田文雄のHPはこちら→http://tomitafumio.jp/

B.jpg
タブノキの冬芽
posted by 富田 at 08:47| 植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月21日

アンズの花

アンズはバラ科サクラ属落葉小高木の植物。
アンズの実は酸味が強いため生食よりもジャムなどの
加工されることが多い果物です。
長野県に日本一と称されるアンズの里があり
花が咲く時期には多くの観光客で賑っている。

富田文雄のHPはこちら→http://tomitafumio.jp/

Bアンズ1.jpg

Bアンズ2.jpg

Bアンズ3.jpg
posted by 富田 at 09:33| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月20日

東海桜の開花

東海桜が開花しました、桜が咲くと春本番の感じがしますが、
東海桜は3月に淡い紅色の花を咲かせる早咲きの桜で
染井吉野はまだ蕾が硬いです。
東海桜を調べてみると、しなのみざくらとこひがんざくらとの
交雑種と考えられる。
交雑種とは、異なる品種などの間で交配によって
作り出されたもの。と書いてあった。

富田文雄のHPはこちら→http://tomitafumio.jp/

B東海桜.jpg

B東海桜1.jpg
posted by 富田 at 09:01| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月19日

土佐ミズキと日向ミズキ

トサミズキ(土佐水木)とヒュウガミズキ(日向水木)は
ミズキ科ではなくマンサク科の植物で、
ハナミズキ(花水木)はミズキ科の植物で名前は似ているが違う植物です。
土佐ミズキも日向ミズキも枝からぶら下がるように咲いているので
ミノムシ見たく咲いている、色は全然違うが花はやはり
春に合った淡い黄色の色をしている、
日向ミズキは小さな花で精々2cm前後だが土佐ミズキは
もう少し大きい。

富田文雄のHPはこちら→http://tomitafumio.jp/

1.jpg
土佐ミズキ
B2.jpg
日向ミズキ
posted by 富田 at 08:40| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月18日

シデコブシ

シデコブシ(四手辛夷)はモクレン科モクレン属の
落葉小高木で別名をヒメコブシとも呼ばれていて
葉が出る前に花が咲く。
コブシとタムシバの交雑により生じたもとといわれている。
四手(紙垂)とは注連縄や玉串などに付けて垂らす紙のことを云う
この紙に似ているために四手と名付けたらしい。

富田文雄のHPはこちら→http://tomitafumio.jp/

Bシデコブシ1.jpg
シデコブシの蕾
Bシデコブシ2.jpg
シデコブシの蕾
Bシデコブシ3.jpg
咲いたシデコブシ
posted by 富田 at 09:08| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月17日

つぼみ

蕾とは、まだ咲き開かない状態の花のことを云う。
また、将来を期待される有望な若者を云う。
この時期植物たちは蕾を膨らませ今か今かと
咲く時期を窺っていて暖かい日が続くと
一気に開花しそうであり、楽しみです。

富田文雄のHPはこちら→http://tomitafumio.jp/

B1.jpg
ヒイラギナンテンの蕾
B2.jpg
ヤマモモの蕾
posted by 富田 at 09:08| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月16日

カリンの蕾 カリンの蕾

カリンの蕾が膨らみ若葉が萌え始めていました。
カリンはバラ科カリン属の植物でマメ科の
カリン(花梨)とは別種です。
カリンの果実に含まれている成分には
喉の炎症に効くとされのど飴に配合されているものもある。
花たちの赤や黄色ピンクなどの色を見ていると
春が来たことを感じます。

富田文雄のHPはこちら→http://tomitafumio.jp/

B1.jpg
カリンの蕾
B2.jpg
カリンの若葉
posted by 富田 at 08:25| 植物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月15日

沈丁花

ジンチョウゲ(沈丁花)はジンチョウゲ科
ジンチョウゲ属常緑低木。
春の季語で、
公園や庭木として育てている家庭が多いせいか
歩いていると甘い香りの匂いが漂ってくると、
春の訪れを感じさせてくれる。
蕾は派手な赤い色や黄色をしていても開花すると
淡いピンクか白色に近い色になっている。

富田文雄のHPはこちら→http://tomitafumio.jp/

B1.jpg
赤い色のジンチョウゲ
B2.jpg
黄色のジンチョウゲ
posted by 富田 at 08:40| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月14日

サンシュユの話

サンシュユはミズキ科の植物で
ハルコガネバナ(春黄金花)とも呼ばれている。
ブルガリアにはヨーグルトの木いうのがあり
サンシュユはこのヨーグルトの木の親戚にあたるらしい、
温めた牛乳にサンシュユの枝を入れ保温して一晩置くと
ヨーグルトが出来るとのこと、
いつか試してみたいと思う。

富田文雄のHPはこちら→http://tomitafumio.jp/

Bサンシュユ1.jpg
サンシュユの花
Bサンシュユ2.jpg
サンシュユの花
posted by 富田 at 10:20| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月13日

トロピカルイメージ

石垣島から帰る日に、伝統的な八重山の古民家が
移築された日本の最南端のテーマパークである
石垣やいま村へ寄ってみた。
やいまとは八重山方言で八重山のこと。
今にも雨が降りそうな暗い空であるため撮影は進まないが
園内の片隅にあった鉢の中に水に浮いた南国の花達が印象に残った。
石垣島から東京まで約2000km、台湾まで270km、
香港までは1100km、フィリピンは1200km
石垣島がいかに遠く東南アジアに近いかが分かった。

富田文雄のHPはこちら→http://tomitafumio.jp/

B1オオベニゴウカン(大紅合歓)1.jpg
やいま村園内に咲いていたオオベニゴウカン(大紅合歓)
B2トロピカルイメージ.jpg
南国の花達
B3石垣島.jpg
雨の中を石垣島を飛び立つ
B4雲海.jpg
沖縄地方を覆う雨雲の上
posted by 富田 at 09:46| 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月12日

沖縄、由布島

由布島(ゆぶじま)へ渡るには西表島から
遠浅の海を水牛車に揺られながら渡ります。
由布島は周囲約2km海抜1.5mの小さな島です、
この島の中の蝶々園には日本最大級の蝶オオゴマダラを
見ることができ、オオゴマダラのさなぎは
黄金色をしていて一見の価値はあると思う、
大きな羽根を広げひらひらと舞う姿が新聞が風で舞い
飛んでいる姿が似ていることから新聞蝶と
呼ばれることもあるとのこと。
一年を通してハイビスカスなど色とりどりの熱帯植物を
見ることができる。

富田文雄のHPはこちら→http://tomitafumio.jp/

B1.jpg
遠浅の海を渡る水牛車
B2.jpg
オオゴマダラ
B3.jpg
黄金色のさなぎ
posted by 富田 at 08:08| 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月11日

西表島仲間川

石垣島から西表島まで船で約40分揺られ西表島の大原港に着き、
大原港近くにある仲間川の遊覧船に乗る。
仲間川沿いには広大なマングローブの林があり干潮のときには
水に浸かっている木々の根が露出されるが、この時は干潮には
少々早いため露出した根を見ることが出来なかった。
大原港から仲間川を約6.5km遡り船着き場から少し歩くと
日本最大のサキシマスオウの木が堂々と鎮座している。
推定樹齢400年、波打つ様に発達した板根は迫力を感じる。
今回の目的はこの木を見ることでした。

富田文雄のHPはこちら→http://tomitafumio.jp/

1B仲間川のオヒルギ林.jpg
仲間川沿いのオヒルギ林
2B西表島、仲間川.jpg
西表島のジャングルの中を流れる仲間川を遡る
3Bサキシマスオウノキ.jpg
堂々としたサキシマスオウの木
posted by 富田 at 09:45| 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする