2017年02月08日

シナマンサク

シナマンサクは中国原産で日本のマンサクに比べ
花の咲く時期が早く、枯れ葉が落ち切らない前に
花が咲いたりする、そのためか「まず咲く」「真っ先に咲く」が
変化したとも云われている。
一週間前ぐらいに見た時は蕾の先が割れ花が少し見えている
状態でしたが、今はリボン状の黄色い花弁を伸ばしていた。

富田文雄のHPはこちら→http://tomitafumio.jp/

Bシナマンサクの花.jpg

Bシナマンサクの花1.jpg
posted by 富田 at 08:49| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月07日

ギンヨウアカシア

ギンヨウアカシアは銀葉アカシアとも書く、
葉の色が銀色がかった葉と云うことからきているのだろう、
マメ科のアカシア属、常緑高木、
別名をハナアカシア、モミザと云う
先日見た時は少し花を開かせていたが大部分は蕾であったが
背景を空にしたら以外と綺麗に仕上がった、
もう少しすると枝垂た枝いっぱいに黄色い丸い小さな花が
咲くのが楽しみです。

富田文雄のHPはこちら→http://tomitafumio.jp/

Bギンヨウアカシア.jpg
posted by 富田 at 09:40| 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月05日

ヒメリュウキンカ

ヒメリュウキンカはキンポウゲ科キンポウゲ属の
植物で姫立金花と書く。
花は小さく鮮やかな黄色をしている、白い色もあるらしい、
木に咲く花は風が吹くとゆらゆらと揺れてアップで
撮るのは撮りずらいが地面に咲く花はまだ少しは撮りやすい、
花の蕾から少しづつ開いてくるのを見ると
気持ちが暖かくなるのを感じる。

富田文雄のHPはこちら→http://tomitafumio.jp/

Bヒメリュウキンカ.jpg
posted by 富田 at 09:12| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月04日

ジンチョウゲの蕾

ジンチョウゲ科ジンチョウゲ属の常緑低木、沈丁花と書く。
花の名前の由来は、香木(こうぼく)と云う芳香を持つ木材に
似ていて、丁子(ちょうじ)のような花を付ける木と
云う意味でこの名が付いたそうだ。
蕾も大分膨らみ花が咲くと匂いが漂い花が咲いているのが
直ぐ分かる花だ。
本日は立春、立春とは一年を24に分けたときの二十四節気の
第1に当たり春が始まったことを意味する、
春が近づいてきているが、まだまだ寒い日が続きます。

富田文雄のHPはこちら→http://tomitafumio.jp/


B沈丁花.jpg
ジンチョウゲの蕾
B沈丁花1.jpg
ジンチョウゲの蕾
posted by 富田 at 09:11| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月03日

牛久沼の日の出

昨日茨城県牛久市で撮影があるため
一昨日の夜に牛久沼を訪れ日の出を撮った。
牛久沼には今まで訪れた事が無いので
地図を頼りに日の出の撮影が出来る所を探し、
車中泊をして朝を迎えた、
牛久沼にはカッパ伝説があり、うな丼の発祥地でもあるらしい、
本日の写真はスマホで撮影した写真です。

富田文雄のHPはこちら→http://tomitafumio.jp/

B牛久沼.jpg
牛久沼の日の出
B牛久沼1.jpg
牛久沼の日の出
posted by 富田 at 10:05| 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月01日

アオキの蕾

アオキはアオキ科のアオキ属の常緑低木。
公園や庭園、庭先などでよく見ているせいか
普段あまり気を留めないでるが、よくみると花芽が開き
蕾が見えていた、3〜5月にかけて紫色の小さな花が咲く
どんな花でも咲くと綺麗なので、気が付いたときは
撮影をしておきたい。

富田文雄のHPはこちら→http://tomitafumio.jp/

B青木の蕾.jpg
posted by 富田 at 08:52| 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする