2016年05月31日

アルべロべッロのとんがり屋根

イタリア南部のアルベロベッロは地図上で
ブーツ型の地形で云うとかかとの部分にあたる。
以前から一度行ってみたいと思っていたところです、
トゥルッロと呼ばれる石を積み上げたとんがり屋根に白い壁は
童話の世界を連想させる、
この住居の云われを聞くと昔、住居税を減らすため
税金査察の目を逃れようと石を積み上げただけだと簡単に解体できるので
査察のときは屋根を解体して住居ではない事を主張したらしい。
しかし石を積み上げただけでよく崩れなかったと思う。

アルべロべッロ1.jpg

アルべロべッロ2.jpg

アルべロべッロ3.jpg

アルべロべッロ4.jpg

アルべロべッロ5.jpg

posted by 富田 at 09:00| 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月30日

タオルミーナの街

イタリア、シチリア島東部にあるタオルミーナの街は
タウロ山の中腹標高約200mの所にあり、
古代ギリシャ当時の神殿や遺跡が残る。
街は山の中腹の狭い所にあるので大型バスは登れず
観光客はロープウエイか小型バスなどで登って行く、
街のメインストリートのウンベルト通りは
北のメッシーナ門から南のカタ―ニア門まで約800m
この通りにレストランやお土産物屋などが並んでいる。

タオルミーナ1.jpg
ギリシャ劇場とタオルミーナの街
タオルミーナ2.jpg
4月9日広場と聖ジュゼッぺ教会
タオルミーナ3.jpg
ウンベルト通り
タオルミーナ4.jpg
タオルミーナの街角
タオルミーナ5.jpg
タオルミーナ大聖堂とウンベルト通り
posted by 富田 at 08:05| 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月29日

マルタ共和国バレッタ

マルタ共和国マルタ島はイタリアのシチリア島の南にあり
東京23区の半分くらいの大きさです。
首都であるバレッタは島の東部の港を見下ろす高台にあり
聖ヨハネ騎士団により今からおよそ450年前に創られた、
マルタストーンと呼ばれるはちみつ色の石灰岩で創られた街は
全体が世界遺産に登録されている。

B1バレッタ.jpg
バレッタの街からグランドハーバーを見る
B2バレッタ.jpg
アッパー・バラッカ・ガーデン
B3バレッタ.jpg
観光馬車
B4バレッタ1.jpg
観光馬車
B5バレッタ2.jpg
路地
posted by 富田 at 09:37| 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月28日

陶器の装飾で飾られている街

イタリア、シチリア島南東部に位置するカルタジローネの街は
陶器の生産地として知られている。
カルタジローネの街は標高約600mの高台にあり
どこの古い街並みは道が狭くバスは街の中には入れず
駐車場から歩いて街の中に入る、
街はいたるところにマジョルカ焼きの装飾が見かけられ、
142段の階段があるサンタ・マリア・モンテの大階段も
一段づつ絵柄の違う装飾で飾られている。

B1カルタジローネ.jpg
142段あるサンタ・マリア・モンテの大階段
B2カルタジローネ.jpg
サン・フランチェスコ橋の欄干も陶器の装飾
B3カルタジローネ.jpg
教会の塔の見える路地
B4カルタジローネ.jpg
街角で立ち話をする人
B5カルタジローネ.jpg
観光列車自動車
posted by 富田 at 09:18| 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月27日

古代ギリシャ時代の神殿群

イタリア、シチリア島南部の街、アグリジェントに
古代ギリシャ時代の神殿群がある、
7つの神殿からなる神殿群は神殿の谷と呼ばれている所にあるが
谷ではなく高台にある、
この高台の中ででも一番高い所標高約120mにあるのが
ジュノーネ(ヘラ)神殿、ここらら少しづつ坂を下りながら
エルコーレ神殿、コンコルディア神殿、と続いている。
神殿群の周辺は長閑な田園地帯で遥遠くに地中海も望むことが出来るが
訪れたときは遠景は霞んで写真撮影には無理な条件だった。

B1アグリジェント、神殿の谷.jpg
神殿の谷、周辺の田園風景
B2アグリジェント遺跡ジュノー(ヘラ)神殿.jpg
ジュノーネ(ヘラ)神殿
B3アグリジェント遺跡コンコルディア神殿.jpg
コンコルディア神殿
B4アグリジェント遺跡1.jpg
神殿を繋ぐ道
B5アグリジェント遺跡群から見たアグリジェントの街.jpg
アグリジェント遺跡群から見たアグリジェントの街
posted by 富田 at 09:32| 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月26日

シチリア島、里の風景

イタリア、シチリア島北部にあるパレルモから
南部のアグリジェントに向かう、
石の文化の街から石の文化の街へ行く途中の
峠越えの風景は木の文化でオリーブやオレンジの木が多く茂り
草原に羊が遊ぶ里の風景を見ると何か心が和む。
日本では里の風景を沢山撮影している、海外の里の風景をみて
改めて日本の里の風景を撮影するとき新しい発見があるのでは
ないかと期待をしている。

シチリア島パレルモ〜アグリジェント間.JPG

シチリア島パレルモ〜アグリジェント間1_.JPG

シチリア島パレルモ〜アグリジェント間2.JPG

シチリア島パレルモ〜アグリジェント間5_.JPG

シチリア島パレルモ〜アグリジェント間6.jpg
posted by 富田 at 08:42| 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月25日

シチリア島パレルモ

パレルモはイタリア、シチリア島北西部にあり
シチリア島最大の都市でシチリア州都です。
シチリア島はゴットファーザーの映画のロケ地として
知られるているが、島の東方にあるタオルミーナが多いらしい、
ここパレルモにあるヨーロッパで3番目に大きいと云われている
マッシモ劇場でも撮影されたという。
パレルモの街は歴史的にも観光的にも魅力のある街です。

B1.jpg
ヴィットリオ・エマヌエレ大通り
B2.jpg
マッシモ劇場
B3.jpg
パレルモの街
B5.jpg
大聖堂
B6.jpg
クワットロ・カンティ(四辻)
posted by 富田 at 09:45| 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月24日

イタリア南部の旅

久しぶりにブログ投稿致します。
今回イタリア南部に旅をしてきました、
トルコ航空のためイスタンブールで乗り継ぎ
イタリアシチリア島のカターニャへ、カターニャからバスで
最初の目的地モンレアーレへバスで行く。
シチリア島は四国より大きく、九州より小さい島です、
モンレアーレは小高い丘の上にあり、
現存する教会の中でモザイク装飾表面が世界一と云われている
ドゥオモがある。

B−1トルコ_イスタンブール.jpg
トルコ、イスタンブールで乗り換えイタリア、シチリア島へ
B1−1ドゥオモ、モンレアーレ_イタリア、シチリア島5月.jpg
モンレアーレ、ドゥオモ外観
B1−2ドゥオモ内部、モンレアーレ_イタリア、シチリア島5月.jpg
モンレアーレ、ドゥオモ内部
B1−3ドゥオモ中庭よりパレルモを望む、モンレアーレ_イタリア、シチリア島5月.jpg
モンレアーレ、中庭より州都パレルモを望む
B1−4モンレアーレの路地裏_イタリア、シチリア島5月.jpg
モンレアーレの路地裏
B1−5モンレアーレの街.jpg
モンレアーレの街

posted by 富田 at 10:10| 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月08日

ノジュール5月号

中国地方の撮影から戻りましたら
ノジュール5月が送られてきていました、
5月号の特集「初夏の花風景・花畑」で
写真を使用していただきました。
花の群落は綺麗で撮影していても楽しいので
撮影ポイントは出来るだけチェックするようにしているが
まだまだ知らない所が沢山あります、
この花風景の特集の中にも知らない花畑が沢山掲載されていました、
今後の撮影に役立てたいと思っています。

ぜひご覧になっていただきたいのですが
ノジュールは定期購読雑誌ですので、
書店では販売しておりませんので書店で見ることが出来ません、
本誌に出合う機会がありましたらご覧になって下さい。

Bノジュール5月号.jpg
posted by 富田 at 11:29| 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする