2016年04月25日

青春

青春とは季節を表す言葉で中国の五行思想のうち五色というのがある、
春を青(緑)夏を朱(赤)秋を(白)冬を(黒)黄を(土用)とあり、
土用は季節の変わり目の立夏、立秋、立冬、立春をさしている。

一般的には若い時代で希望を持ち元気で力溢れていることを云っている、
「卒業までの半年で答えをだすと言うけれど」という言葉で始まる
歌があった、今から約40年も前の歌だがこの写真を撮っているとき
ふっと思い出した。

B.jpg

B1.jpg

posted by 富田 at 09:22| 人物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月24日

オオカナメモチ

樹一杯に花を咲かせ一際目立ち存在感を主張しているような木がある、
初めて見た花だったので調べてみたらオオカナメモチと云う木であった。
バラ科のカナメモチ属で5〜6月に白い
アジサイに似ている様な花を咲かせる、
扇子の要に使われていることからカナメモチの名前が
付いてモチはモチノキに似ていることからで、
オオカナメモチはカナメモチより花も葉も大きいかららしい、
中国では墓樹として、アメリカでは庭木、生垣用に利用されていると
書いてあった。

Bオオカナメモチ1.jpg
沢山の花を咲かせている
Bオオカナメモチ2.jpg
アップで見るとアジサイに似ている
Bオオカナメモチ3.jpg
花と葉
posted by 富田 at 07:45| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月23日

季節の移ろい

桜前線が北へ北へと進み、桜が終わったところは初夏を迎えている。
公園に行ってみると新緑の緑が増えていて
花たちも春から初夏へと移ろいで
季節が確実に進んでいることがみえる。

2〜3日公園に行かないと久しぶりの気がする、
公園では子供たちが遊びまわり、ジョギングする人
犬の散歩をする人など多くの方達が楽しんでいる、
皆それぜれの思いがあり、
体を動かし発散出来る場所があることはよいことだと思う。

B1.jpg
ドウダンツツジ
B2.jpg
八重桜
B3.jpg
山吹
B4.jpg
紫蘭
B5.jpg
ツツジ



posted by 富田 at 07:32| 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月18日

花のクローズアップ撮影

花のクローズアップ撮影は
撮影に出かけているときはなかなか出来ない、
天気待ちをしているときなど近くに咲いている花を
撮影するぐらいなので、自宅にいるときは公園などに出かけ
花の写真を撮るようにしている、
マクロレンズ一本を付け公園に行くと今の時期はいろいろな
花が咲いているので楽しくなるし花の名前も覚えてくる、
出来るだけ説明的な写真にならないように工夫をしてみたり
ボケ具合を変えてみたりしていると時間が経つのが早い。

B1.jpg
シャガ
B2.jpg
シャクナゲ
B3.jpg
チューリップ
B4.jpg
花ダイコン
B5.jpg
葉ボタンの花
posted by 富田 at 09:09| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月17日

桜とアルプス

熊本地震で亡くなられた方達のご冥福をお祈り申し上げます、
被害に遭われた皆様の一日一刻も早い復興と
いまだに続く大きな余震に早くの鎮静化されることを
願っております。

長野県の中央アルプス山裾を走っていて出会った
桜と残雪のアルプス風景、
すぐ車を駐車できるスペースに止め撮影にかかる、
以前この道を通ったとき桜が咲いたらアルプスと一諸に撮影できると
思いながら通ったことを思い出した、
気が付いたことは地図上に書き込むようにしているが
この時は走りながらなので書くのを忘れいたのでした。

B1.jpg

B2.jpg

B3.jpg


posted by 富田 at 08:38| 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月16日

神子の山桜

福井県の名勝と天然記念物に指定されている神子の山桜は
若狭湾に突き出た常神半島にある。
神子の山桜を訪ねる前日は大雨と強風に見舞われたので
桜が散ったのではないかと心配しながも訪ねてみた。
山桜が遠望できる漁港へ着き、土地の方と話をしたら
昨日の風雨で桜の花が飛ばされ、それまでは絶景だったのに
と話をしてくれた、残念だがしかない、
それでも何とか撮影出来るところを見つけ、
撮影をして神子の山桜をあとにした。

神子の山桜1.jpg

神子の山桜2.jpg

posted by 富田 at 09:58| 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月15日

チューリップ畑と桜とアルプス

富山県のチューリップ畑とアルプスの撮影が
今回の撮影目的の一つでした。
桜並木が満開と聞いたので天気予報を調べ天気に合わせ行って見たが、
初日は雲が多くアルプスも見えない状態だったので県内の桜を求め
て撮影に動いた、チューリップ畑の撮影は午後光が順光になるので
その前に雨晴海岸の日の出を撮影してからチューリプ畑に向かう、
始めのうちは雲が多くアルプスも見えない状態だったが
だんだん雲も取れてきて午後もしばらくしてから青空になり
アルプスも見えてきた、諦めて移動しなくてよかったとつくづく思った。

B1.jpg

B2.jpg

B3.jpg
posted by 富田 at 07:28| 花風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月14日

雨晴海岸の日の出

石川県能登半島の入り口である高岡市にある雨晴海岸は
絶好の撮影スポットで、冬の晴れた日は夜明けから大勢の
写真愛好家達で賑わっている。
冬場に比べれば今の時期は写真撮影に来る人達は少なくなっているが
この日も多くの人達が写真撮影に来ていた、
雨晴海岸の由来は、義経が奥州に落ちのびる途中にこの海岸で
雨にあい岩陰で雨を凌いだという義経雨はらし伝説からきたという。

日の出の撮影には伝説の義経雨はらし岩より海中にある女岩のほうが
まとまりがある、この日は立山連峰ははっきり見えなかったが
雰囲気のある日の出が撮れたと思う。

雨晴海岸1.jpg
朝焼け
雨晴海岸2.jpg
日の出間もないとき
雨晴海岸の朝焼け3.jpg
太陽が大分上がってから
posted by 富田 at 08:27| 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月13日

チューリップ畑を目指して

富山県朝日町のチューリップ畑と桜が満開と云うので
天気予報で晴れの日に合わせ走って行った。

北陸地方の天気予報では2日間は晴れると云うので
どちらか1日は晴れると思い行ってみたが最初の日は曇天、
ロケハンを済ませ、ただ待っていてもしかたがないので車を走らせ
南栃市にある向野のエドヒガンに行くと晴れていて
満開の一本桜と遠景に残雪の山があり、より春らしさを感じた。

B1.jpg
朝日町、舟川沿いの桜
B2.jpg
朝日町、舟川沿いの桜
B3.jpg
朝日町、舟川沿いの桜
B4.jpg
向野のエドヒガン
B5.jpg
向野のエドヒガン

posted by 富田 at 08:12| 花風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月12日

カタクリの群落

愛知県豊田市足助町のカタクリの群落。
この足助町の香嵐渓は紅葉の名所でシーズンには
大勢の観光客が訪れてくるが、同じ香嵐渓にある飯盛山の
カタクリの花の群生地はあまり知られていない。

カタクリの幾つかある名前の由来の一つに、
花が傾いた籠に似ているためカタカゴが転じてカタクリになったと
云われている、また、カタクリの根茎から採れるデンプンを片栗粉
として調理に用いられていたが量がわずかしか採れないため
ジャガイモやサツマイモから抽出したデンプンが多く用いられている。

カタクリの群落.jpg
posted by 富田 at 09:09| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月11日

ミツマタの群落

先月、近畿地方へ行った帰りに愛知県岡崎市にある
ミツマタの群落地に寄ってみた。
ミツマタはジンチョウゲ科のミツマタ属に属し
中国の中南部ヒマラヤ地方が原産と云われている、
枝が三つに分かれているためにミツマタと名付けられ
三つに分かれた枝先に黄色い花を咲かせる。
樹皮は和紙の原料として用いられミツマタを原料とした
和紙は光沢があり丈夫でしなやかで破れにくいと云われてている、
冬が終わり春がきたことを喜んで咲いているようにみえた。

ミツマタの群落.JPG

ミツマタの群落1.JPG

ミツマタの群落2.JPG

ミツマタの群落3.JPG

ミツマタの群落4.JPG
posted by 富田 at 05:19| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月04日

花の里

先日奈良県五條市の花のある風景を撮影してきました。
一度行って見たいと思っていたところです、
写真雑誌などで見ていたがなかなか行く機会がなかったが、
知人から花の群落の場所を教えていただき急遽行く事にした。

自宅を出て途中で寄りたい場所もあったがひたすら奈良県に向かう、
付いた時は夕方、陽が傾きかけていたが撮影していると
雲間から陽の光が射す、曇り空でも綺麗だったが陽が射すのも良い感じだった、
天気予報では明日は晴れると云うので、撮影目的の一つである所の近くにある
道の駅で場所を教えていただいた方に感謝しつつ車中泊。


1B4花風景.jpg
サクラとサンシュウの丘
2B2花風景.jpg
サンシュウと桜
3B花風景.jpg
雲間から一瞬陽の光が射す

posted by 富田 at 08:48| 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月03日

花のクローズアップ撮影

野外で花を撮影するのはスタジオで花を撮影するのと違い
風があったり背景に問題があったりするので絞りに注意をしている、
撮影する時に、まずは綺麗な花を探すことから始め
傷は無いか汚れていないかをみる、
綺麗な花を見つけたら花の周辺と背景をみる、
花一輪もよいが花の周辺をよく見て蕾や枝振りを考えて絞りを決める、
クローズアップで撮影すると被写界深度が浅くなるので
あまり絞ると背景がうるさくなり、絞りを浅くすると
ピントの合う面が少なくなるので中心の花と蕾や他の花が
平行になるようなアングルを探しながら撮影をしている。

B1.jpg
カイドウ
B2.jpg
スノーフレーク
B3.jpg
レンギョウ
B4.jpg
マンサク
B5.jpg
サクラ


posted by 富田 at 10:06| 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月02日

昨日出会った花たち

昨日何気に歩いていて出会った花たち、
いつの季節に咲く花たちは美しく、
遠くからでも存在感を感じ季節を教えてくれる、
昨日出会った花たちをアップではなく群落として
多くの花たちを画面に入れるようにしてみた、
アップでイメージ的に画面をまとめるのも良いが
多くの花たちを画面に入れることにより集団で咲き
より華やかさを増すように表現してみた。

B1.jpg
マンサク
B2.jpg
ユキヤナギ
B3.jpg
ボケ
posted by 富田 at 09:53| 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年04月01日

大岳沢大滝

3月に私が所属している日本風景写真家協会の
写真展が開催され、その後撮影やら何やらで
ブログ投稿が出来なくて、久ぶりの投稿になります。

東京都奥多摩にある大岳沢大滝は落差約25m、
新緑にはまだまだ早いが訪ねてみました、
あまり知られていない滝ですが中段の跳ね滝が魅力的。

大岳沢大滝1.jpg

大岳沢大滝2.jpg

大岳沢大滝3.jpg

大岳沢大滝4.jpg

大岳沢大滝5.jpg



posted by 富田 at 08:48| 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする