2016年03月13日

日本風景写真家協会展

東京、四谷のポートレートギャラリーで3月16日(水)まで
私が所属している日本風景写真家協会展が開催されております。

今回私が出展しているのは、「日本の朝」をテーマに
カレンダー企画提案作品として表紙、1〜2月用から11〜12月用の
7点を出展しています、
この7点を中越パルプ工業(株)さんの竹紙100ホワイトにプリントしました、
竹紙は日本の竹100%を素材にしており、
これを酸素漂白した竹紙100ホワイトに
プリントして絵画的イメージに表現致しました。
お近くにお越しのせつはお気軽にお立ち寄りください。

B桜.jpg
竹紙100ホワイトにプリントして出展した中のオリジナル写真です、
posted by 富田 at 09:12| 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月09日

篠沢大滝

山梨県にある篠沢大滝へ行って来ました。
林道にある通行止めのゲート近くに車を止め歩く事約1時間、
この間は歩きやすい林道なので気軽に歩けるが
その後、林道から分かれ急な山道を歩くことになる、ここから約40分
危険な場所や急な登りの所には梯子やロープがあるので何とか歩くことができ、
最後に登り終え尾根に出ると目的の篠沢大滝全景が目に飛び込んでくる
来てよかったと心から思える風景である。
篠沢大滝の目的は滝の下部にある跳ねる所、
尾根から見ると思ったより水量がありかなり跳ねている、
近くに行きたいが歩ける所が凍っているので危険だ、
別な場所から川に下り川沿いに登り滝の下まで辿りついた。

B1篠沢大滝.jpg
尾根から見える篠沢大滝全景
B2篠沢大滝.jpg
滝下部の跳ね部分
B3篠沢大滝.jpg
スローシャッターで撮影
B4篠沢大滝.jpg
跳ねている部分を正面から見る
B5篠沢大滝.jpg
跳ね部の下に入り見る
B6篠沢大滝.jpg
滝周辺の氷

posted by 富田 at 07:41| 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月06日

春の花達

昨日歩いていて見つけた春の花達。
いつの間にか色々な花が咲いていた、
公園などの片隅で花達は自分の色を着飾り
自己主張をしている、それぞれが皆美しい、
都会の中に咲いてる花なので背景など難しいが
花を撮るのは楽しい。

B1.jpg
菜の花
B2沈丁花.jpg
沈丁花
B3ハクモクレン.jpg
ハクモクレン
B4サンシュウ.jpg
サンシュウ
B5木瓜.jpg
木瓜
B6あせび.jpg
馬酔木

posted by 富田 at 10:05| 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月05日

みなも

前日に行った池にまた行き今回は水面に光がない所を撮ってみた、
水面は水と大気との境で風により波がたつことを風波というらしい、
風波は風速により波の状態が変わってくる、
波の変化により水鏡と云われる水面に映る風景も変化してくるので
撮影していても飽きないがカメラの液晶モニターでは
微妙なところが分からないのでパソコンで確認をしている。
もう少し色のある水模様を撮影してみたい。

B.jpg

B1.jpg

B2.jpg

B3.jpg

B4.jpg




posted by 富田 at 09:00| 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月04日

水模様

冬将軍も弱まり三寒四温の日が繰り返し、
後に春の暖かい空気に覆われる日が続くでしょう、
昨日、暖かい日差しに誘われ鳥達が集まる小さな池に行ってみた、
池の水も心なしか暖かく思われ「水温む」という季語が浮かんだ、
水面をよくみていると風や水鳥の動きでさざ波がたつ、
このさざ波は同じ形にはならないので見ていても飽きない、
さざ波に木漏れ日が当たり光り輝く姿を撮ってみた。

B1水模様.jpg

B2水模様.jpg

B3水模様.jpg

B4水模様.jpg
posted by 富田 at 08:34| 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月03日

憧れの滝へ

天気予報で明日はまとまった雨が降ると云うので
待ってましたとばかりに、愛知県の以前から撮りたかった滝に
伊豆から一日かけて移動して滝の入り口だけ確認して近くで車中泊、
愛知県と云っても、静岡県長野県の県境近くの佐久間湖の近く、
この滝は駐車場が無いので入口近くで駐車できるスペースに止める、
案内板も無ければ滝への道もない、ひたすら川沿いに登って行く。
歩いて行き滝が見えたときは感激、雨上がりで水量も多く光線もよかった。

B1.jpg
滝が見えたときは感激した
B2.jpg
跳ねているところがよく分かる角度からみる
B3.jpg
三脚を立てスローシャッターで撮る
B4.jpg
滝に虹が架かる
B5.jpg
滝の全景

posted by 富田 at 08:02| 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月02日

奥石廊崎夕景再び

静岡県伊豆半島の里の風景を探しに走り回っているうちに
夕方になってしまったので近くにある奥石廊崎へ再び行った、
前回と同じ場所で撮ってもしかたがないので別の場所で撮影をする。
夕陽の太陽がまだ高いときに手前の岩陰が印象的だった、
風が強かったので岩の影がはっきり見えるタイミングでシャッターを切る
当然夕陽が沈むまでいたが、太陽が沈むにつれ岩陰の印象がなくなり
力強さが薄れてしまう気がした、
撮影後、車中泊をしようと思っている所に向かっていると、
月明かりに浮かぶ小さな漁港が印象的だった。

B1.jpg
海面に映る岩陰が印象的
B2.jpg
太陽が落ちてきた
B3.jpg
太陽が沈むころ岩陰がなくなる
B4.jpg
月明かりに浮かぶ漁村



posted by 富田 at 08:54| 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年03月01日

春浅い山村集落

静岡県、奥石廊崎の夕景を撮影後、近くの駐車場で車中泊。
天気予報では朝は曇り時々雨と云うのでのんびりしていると
急激に天気が回復してきた、
すぐに以前行ったことのあるエビ穴に行った、
以前撮ったアングルとは別の角度から撮りたかったからです。
その後は久しぶりに伊豆半島の里の風景を探しに山間部を走り回って、
春浅い山村集落に出合えたのは感激でした。

B1.jpg
光芒とエビ穴
B2.jpg
春浅い山村集落

posted by 富田 at 08:32| 農漁 山村 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする