2015年06月30日

クロアチア、ドブロブニク

ドブロブ二クはクロアチア南端の街。
ドブロブ二クを訪ねたが天気は急変、快晴かと思うと
雲が広がりそのうち大雨になりまた青空になった。
広い風景では晴れている方がよいが、
路地などは明るい曇り空の方が光が周り綺麗に写せる、
被写体にもよるが、光が強いと光があたる部分と
影の部分の差が強すぎることになる。

Bドブロブニク(クロアチア).JPG
ドブロブ二クの街とアドリア海
Bドブロブニク、ミンチェタ要塞(クロアチア).JPG
ミンチェタ要塞とドブロブ二クの街
Bドブロブニク、露地(クロアチア).JPG
路地
Bドブロブニクの雨(クロアチア).JPG
ミンチェタ要塞から見た街並み
Bドブロブニクの雨、プラツァ通り(クロアチア).JPG
雨のブラツァ通り
posted by 富田 at 09:23| 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月29日

プリトヴィツェ湖群国立公園

クロアチアの国立公園の一つで
ボスニア・ヘルツェゴビナとの国境に近い高地に
プリトヴィツェ湖群国立公園はあり、
山間に大小16の湖と92の滝があると云われている、
エメラルドグリーンの幻想的な湖畔を歩き滝をみて
遊覧船に乗ると気分は爽快になる。

Bプリトビチェ湖群国立公園(クロアチア、プリトビチェ).JPG

Bプリトビチェ湖群国立公園2(クロアチア、プリトビチェ).JPG

Bプリトビチェ湖群国立公園4(クロアチア、プリトビチェ).JPG

Bプリトビチェ湖群国立公園プリトビチェ滝1(クロアチア、プリトビチェ).JPG

Bプリトビチェ湖群国立公園遊覧船(クロアチア、プリトビチェ).JPG
posted by 富田 at 09:56| 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月28日

クロアチア、ポレッチ

クロアチア、ザグレブの街から西へ約260km走る、
アドリア海に突き出た逆三角形をしたイストルア半島の西側
アドリア海に面したポレッチの街は小さなです、
ポレッチの観光のメインは世界遺産であるエウフラシウス聖堂だが
中の見学はせずに路地の撮影をしていた、
路地は石畳が多く点景人物を入れることにより
より生活感を表現できると思う。

B1クロアチア、ポレッチB.JPG

B2クロアチア、ポレッチ2B.JPG

B3クロアチア、ポレッチ5B.JPG

B4クロアチア、ポレッチ7B.JPG

B5クロアチア、ポレッチ8B.JPG
posted by 富田 at 07:50| 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月27日

クロアチア、ザグレブの街

日本からオーストリアのウイーンへ所要時間約12時間、
ウイーンで乗り換え同じオーストリアのクラ―ゲンフルトへ
約40分の飛行機の旅、ここからバスでクロアチアのザグレブへ行く。
ザブレルはクロアチアの首都で北西部にある。
石畳、路地、日本の木の文化と違い、
石の文化はまた落ち着きを感じる。

Bクロアチア、ザグレブ6月B.JPG
カプトル広場
Bクロアチア、ザグレブの坂道6月B.JPG
ラディツア通りの坂道
Bクロアチア、ザグレブ1、6月B.JPG
民族衣装の女性
Bクロアチア、ザグレブの路地6月B.JPG
旧市街の路地
Bクロアチア、ザグレブ聖マルコ教会.JPG
聖マルコ教会
posted by 富田 at 09:12| 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月26日

日本の里

昨日、クロアチアから帰って来ました。
出かける前にブログにクロアチアへ行く旨を
伝えていなかった事をお詫びいたします。
帰ってくると、
(株)玄光社のフォトテクニックデジタル7月号が
送られて来ていました、
6月号から日本風景写真家協会連載の
「フォトにっぽん見聞録」が始まっていて、
7月号は私の写真で4ページ写真4点掲載されています、
6月号7月号は、7月10日(金)〜7月16日(木)まで
銀座ギャラリー・アートグラフで写真展
日本風景写真家協会『日本の里』展の
告知を兼ねた里の写真で構成しています。
ぜひご覧になってくださ。

Bフォトテクニックデジタル7.jpg
posted by 富田 at 10:34| 掲載誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月15日

『ニッポンの絶景鉄道』写真展と写真集

6月19日(金)〜6月25日(木)まで
銀座のギャラリー・アートグラフで開催される
「ニッポンの絶景鉄道」写真展会場で販売致します5人のサイン入り写真集
(山梨将典、小川秀一、山梨勝弘、佐藤尚、富田文雄)
のサインを本日は書いています。(写真集¥1.800円+税)
この期間中私はクロアチアに行っておりますので
会場にはいる事が出来ませんが、
多くの方達がご来場いただけるとのことです
写真集、写真展を楽しんで下さい。
ギャラリー・アートグラフは
中央区銀座2−9−14 銀座ビル1F
平日  10:00〜18:00
土日  10:00〜17:00
最終日 10:00〜17:00

宜しくお願い致します。

B志賀高原蓮池のレンゲツツジ.jpg
志賀高原 蓮池のレンゲツツジ



posted by 富田 at 10:47| 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月14日

ツツジの咲く風景

僅かながら霧が漂う中のツツジが咲く風景。
以前、丁度今頃、山梨県の乙女高原で撮影した写真です。

今月6月17日よりクロアチアへ行く予定ですので
その準備と写真展準備などで撮影に行くことが出来ません、
写真展は
6月19日(金)より6月25日(木)までが
「ニッポンの絶景鉄道写真展」
山梨将典、小川秀一、山梨勝弘、佐藤尚、富田文雄の
5人が出展者です。(この写真展には私は出席する事が出来ません)
7月10日(金)より16日(水)までが
日本風景写真家協会『日本の里』展が開催されます。
この写真展には私は毎日いる予定です。
7月10日(金)にはオープニングパーティーを予定しておりますので
是非皆様、お越しいただけましたら幸いです。

両方とも東京銀座のギャラリー・アートグラフで開催致します。
詳しいことはは後日ご連絡致します。

Bツツジの咲く風景.jpg
posted by 富田 at 08:42| 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月13日

失われた風景と新しい風景

このコマチソウの群落の風景はもう見ることが出来ない、
毎年、この土地の方が丹精込め花を植えていたが
高齢のため畑を維持していくのが困難になったと聞いた、
田圃でも休耕田が増えている、やはり高齢のため仕事が
出来なくなったのです、
観光地でも木々が大きくなり撮影出来なくなった場所は多いが、
新しい風景も出来てきている、町や村の方達が花を植えたり
伸びてきた樹木を切ったりしている所もあるが、
撮影する人達が意識を変え新しいものの見方をしなければ
新しい発見はないと思う。

Bコマチソウの群落.jpg
posted by 富田 at 08:49| 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月10日

マクロレンズで花を撮る

今我が家に咲いている花です、
マクロレンズで撮影しました。

Bアジサイ.jpg
アジサイ
Bシンビジューム.jpg
シンビジューム
posted by 富田 at 12:00| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月09日

大エノキのある夕焼け

林の中の細い道を抜けると突然視界が開け
エノキの巨樹が目に入ってくる、
その先は水田が広がっている、
この日はこのエノキの巨樹の近くで車中泊をすることにして
コンパスで日の出の位置を確認するが
朝焼けや日の出の太陽の位置があまりよくないので
朝の風景は朝になったら考えることにした、
朝のイメージをふくらませていると曇り空が焼けてきた。

B大エノキのある夕焼け.jpg

B大エノキのある夕焼け1.jpg
posted by 富田 at 08:55| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月08日

水車小屋のある風景

以前から気になっていた栃木県の水車小屋
見当は付けていたので探すのには時間がかからなかった
水車小屋を見つけるとおじさんが働いている、
撮影する許可をいただき話を聞くと、
この水車は杉を細かくしてお線香の原料にすると話していただいた、
コトコトと回る水車小屋周辺の風景は長閑な雰囲気が醸し出している。
水車小屋を撮影後、天気予報では雨とのこと
近くに日光杉並木があるので、雨の朝の杉並木を
想像しながら近くで車中泊、
朝起きると雨は降っていないので予定を変え
田圃の中の大エノキの所へ急いだ。

B水車のある風景.jpg
水車小屋のある長閑な風景
B日光杉並木.jpg
雨の降らなかった杉並木
B田圃の中の大エノキ.jpg
朝もやの田圃の中の大エノキ
posted by 富田 at 09:26| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月07日

朝の富士山

天気があまりよくないのでロケハン方々
久しぶりに静岡県富士宮市にある田貫湖へ行く。
夕方の天気予報ではあすは晴れと言っていたので
この日の車中泊は田貫湖にして富士山の朝焼けを
撮影することにして駐車場に行くと多くの車が止めているので
撮影する人達がすでに来ているのかと思っていたら
暗くなると皆帰り始めた、釣をする人達であった。
朝早く起きると星はちらほらしか見えない、
あまり天気はよくないがカメラを担ぎ湖畔へと行き撮影を始め
太陽が富士山の肩から出るまで粘ってみた。

B1黎明富士山.jpg
黎明の富士山
B2田貫湖より朝の富士山.jpg
朝焼けの富士山
B3田貫湖より朝の富士山.jpg
光芒が山頂にかかる
B4田貫湖より富士山の日の出.jpg
富士山の肩から太陽が顔を出す
posted by 富田 at 07:56| 富士山 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年06月05日

棚田の撮影

天気予報では梅雨入り前の晴れと云っていたので
東京周辺で気になっている場所へ行って見た、
まず最初は富士山、車中泊して朝焼けを撮影と
思っていたら朝焼けにはならず曇り空だった
せめて日の出の位置は確認しておこうとロケハンをした。
予定を変更して棚田を探しに行く。

B棚田1.jpg
棚田を撮影していたら軽トラックがやってきた
B棚田.jpg
軽トラックは田圃の見回りだった
B滝.jpg
曇り空なので滝の撮影に行く
B滝_静岡県1.jpg
この時は光が欲しかった
posted by 富田 at 07:33| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。