2014年10月31日

秋の季語

季語には日本風土に合う季節感や
日本の風景の美しさが言葉に表現されています、
俳句を詠むときは勿論、手紙を書くとき
日常会話などでもさり気なく使うこともあり
言葉の美しさを感じます、
朝晩の空気の冷たさを感じるこの頃
秋の季語を写真と共にお届け致します。

B巻雲・栃木県日光市.jpg
巻雲(栃木県日光市)
B干柿・山梨県甲州市.jpg
干柿(山梨県甲州市)
B雁・岩手県雫石町.jpg
雁(岩手県雫石町)
B秋麗あきうらら.jpg
秋麗(山口県周防大島町)
B穭田(ひつじた)・長野県長野市.jpg
穭田ひつじだ(長野県長野市)












posted by 富田 at 06:09| 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月29日

色の名前

山の紅葉、渓の紅葉、里の紅葉などいろいろ
撮影をして来ました、
日本の紅葉は世界に誇ることが出来る紅葉だと
思っています、日本の紅葉は赤色が多く黄色や緑が
混じり色あでやかさは目を見張るものがあります、
紅葉の赤でもいろいろな赤があります、
多少ですが赤色をご紹介致します。

B京緋色きょうひいろ(長野・高瀬渓谷).jpg
京緋色きょうひいろ(長野県・高瀬渓谷)
B紅葉(海棠色かいどういろ(岡山・豪渓).jpg
海棠色かいどういろ(岡山県・豪渓)
B赤あか(山口・屋代島).jpg
赤あか(山口県・屋代島)
B濃朽葉こいくちは(青森・城ヶ倉渓谷).jpg
濃朽葉こいくちは(青森県・城ヶ倉渓谷)
B粉紅まがいべに(宮城・鳴子峡).jpg
粉紅まがいべに(宮城県・鳴子峡)



ラベル:紅葉 赤色
posted by 富田 at 08:03| 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月26日

雲の移り変わり

紅葉の盛りと言うのに、写真の整理に追われている、
写真を整理していて忘れていた写真を見つけた
以前撮影した山梨県の瑞牆山の上にでた雲の写真、
夏の終わりだった。
この時、瑞牆山は快晴だったが、次第に積乱雲が現れ
次に乱層雲が現れ、山には層雲が現れ、空一面黒い雲に覆われ
雨が降り始め、後にまた青空になった、
目まぐるしい空の移り変わりだった。

瑞牆山.jpg
瑞牆山にかかる雲
posted by 富田 at 09:21| 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月25日

天気の変わり目

前日まで晴の日が続いた、
この日は天気予報では曇りから雨との事
長野県の峠で車中泊をして
やや明るくなった空を見ると東の方は晴れ
アルプスがある西の方はどんよりとした雲が漂う、
丁度晴れと崩れた天気の境目に立っている、
やがて朝焼けになりアルプスの上の雲が焼け始め
雲も変化をしてくる、光の具合、雲の変化など
見ながら撮影をしていた、
天気の変わり目は不思議な雲が出る事が多い。

1朝焼け(乱層雲(雨雲)).jpg
朝焼け
2一夜山.jpg
朝日を浴びる雲
3一夜山2.jpg
陽が高くなってきたときの光
4乱層雲(雨雲)).jpg
雲が多くなり薄いひかりになってきた
5雨雲.jpg
黒い雲が多くなる
ラベル:長野 朝焼け
posted by 富田 at 06:18| 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月24日

鏡池の星空

長野県戸隠にある鏡池の北側に戸隠山がある、
北側にあるということは、
北極星を中心とした円を描く星空が一諸に撮影出来る、
以前から撮影したいと思っていたポイントです、
撮影したこの日は昼間は快晴だったが、
夜になると薄い雲が空を覆いはじめた、
星は見えていたので撮影を始めるが満天の星と言えない、
改めて撮影し直しをしたい。

戸隠、鏡池の星空・長野県長野市.jpg
posted by 富田 at 07:54| 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月23日

長野電鉄

長野県戸隠在住の写真仲間の小川さん宅で脱穀を手伝い、
美味しい地酒と新米をいただいた翌日、
長野電鉄の撮影ポイントに案内していただいた、
天気も良く以前から気にしている『日本各地の富士山』も絡め、
列車を撮影する事が出来ました。

B長野電鉄(特急スノーモンキー)と高社山(高井富士).jpg
特急スノーモンキーと高社山(高井富士)
B長野電鉄(特急ゆけむり).jpg
リンゴ畑を走る特急ゆけむり
B長野電鉄と高社山(高井富士).jpg
ローカル列車と高社山(高井富士)
posted by 富田 at 08:12| 農漁 山村 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月22日

脱穀手伝い

富士山から信州へ。
長野県の戸隠に写真仲間がいる、
写真仲間は戸隠に移り住み、田圃や畑をやっていて
この日に脱穀をすると言うので写真仲間達と手伝いに行った、
田圃は戸隠山が見える長閑な風景の中にある、
以前に草取りや稲刈りを手伝いに行った事があるが
脱穀は初めての経験、
夜、信州の地酒と新米をいただき、美味しかった。

B脱穀.jpg

B脱穀2.jpg

B藁焼き.jpg
posted by 富田 at 07:39| 農漁 山村 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月21日

富士山の朝

天気が3〜4日続きそうなので富士山から
信州の方へ行って来ました。
夜になってから出かけたので富士山に着いたのは
大分遅くなってから、
星が満天とは言い難いが多く見えていたので
すぐ撮影をした、星空を撮影後、車の中で仮眠をとり
黎明の撮影をする。

B本栖湖.jpg
本栖湖から星空の富士山
B黎明.jpg
黎明の富士山
B朝焼け.jpg
富士山に朝陽があたる
B朝陽を浴びる.jpg
湖面にも陽があたる
ラベル:湖面 朝日 黎明 星空
posted by 富田 at 09:34| 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月16日

雨の朝

紅葉で名高いローレンシャン高原に向かうため
近くのセント・アディル村に泊まる、
夜空には月が出ていたのでホテルの脇にあるサンタデール湖の
朝を撮影しようと暗い中ロケハンを済ませておいた、
朝起きると外は雨だが湖畔に行くと暗い中
湖畔の別荘群の街灯と紅葉が印象的であった。

B雨の湖(サンタデ―ル湖).jpg

B雨の湖畔(サンタデ―ル湖).jpg

B雨の湖2(サンタデ―ル湖).jpg
posted by 富田 at 09:41| 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月15日

ノートルダム・デュ・キャップ教会

カナダ、モントリオールとケベックの中間点に
トロワ・リビエールという小さな町があり
そこにノートルダム・デュ・キャップ教会がある、
ノートルダム・デュ・キャップ教会は約300年前に
地域教会として始まり、その後聖母教会となり、
近年新しく大きな聖堂が造られた。
静かな庭園は森に囲まれ、地域の人達を始め
小動物や鳥達の憩の場になっている。

Bカナダ・トロワ・リビエール、.jpg
ノートルダム・デュ・キャップ教会、手前が旧聖堂、奥が新聖堂
Bノートルダム・デュ・キャップ教会.jpg
新聖堂内部のステンドグラス
B庭園2.jpg
広く静かな庭園
Bリス.jpg
沢山のリス達が遊んでいる
B庭園.jpg
長閑な庭園で遊ぶリスを見守る地域の人達
posted by 富田 at 08:30| 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月14日

ケベック・シティ

カナダケベック州のケベック・シティの
城壁に囲まれた丘の上の旧市街アッパータウンと
城壁外の東側の旧市街ロウアータウンに
ヨーロッパ調の石畳の古い街並みが残り
観光名所も旧市街に集まっている。

B1ケベック、セントローレンス川の日の出.jpg
旧市街の丘の上から見たセントローレンス川の日の出
B2ケベック、シャトーフロントナックの朝焼け.jpg
丘の上にあるホテル、朝陽を浴びるシャトー・フロントナック
B3ケベツク1.jpg
ロウアータウンから見たアッパータウンのシャトー・フロントナック
B4ケベック・シティ(ノートルダム寺院).jpg
ロウアータウン、旧市街の街並み勝利のノートルダム教会が見える
B5ケベック(ロウアータウン、プティ・シャンプラン通り).jpg
ロウアータウンのプティ・シャンプラン通り
posted by 富田 at 07:21| 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月13日

ケベック・シティの路地

カナダ東部にあるケべック州の州都であるケベック・シティは
17世紀以降にフランス人により開拓された、
北米では最も古い歴史を持つ城塞都市として
世界遺産に登録されている、
街の雰囲気はヨーロッパ調で小高い丘にあるため
石畳の坂の多い街である。
公用語はフランス語。
本日の写真は、街の路地を早朝から朝陽に輝くまでを
投稿しました。

Bカナダ・ケベック.jpg

Bカナダ・ケベックの路地.jpg

Bケベック2.jpg

B朝のヶベック.jpg

Bケベック朝の光.jpg
posted by 富田 at 07:51| 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月12日

ナイアガラの滝

バンフ国立公園からナイアガラへ向かう。
バンフからバスでカルガリーへ(約130km)、カルガリーから
飛行機で(約3時間45分)トロントへ、トロントからバスでナイアガラへ、
(約130km)一日がかりの移動でナイアガラに着いたのは夜、
ホテルの部屋からナイアガラの滝のアメリカ滝がよく見える
ライトアップされていて綺麗だ、翌日は観光船に乗り滝を見る、
ナイアガラの滝は幅が広く水量が多く近くで見ると迫力がある、
因みにアメリカ滝は落差21m〜34m、幅260m
カナダ滝は落差53m幅670m。

Bナイアガラの滝(アメリカ滝)夜景.jpg
ライトアップされたアメリカ滝
Bナイアガラ大瀑布.jpg
アメリカ滝とカナダ滝
Bナイアガラの滝(アメリカ滝).jpg
水飛沫をあげるアメリカ滝
Bナイアガラの滝.jpg
観光船から見たアメリカ滝とカナダ滝
Bナイアガラの滝(カナダ滝).jpg
夥しい数のウミネコが舞うカナダ滝


posted by 富田 at 06:51| 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月11日

カナディアンロッキー

カナダの雄大な風景が詰まったカナディアンロッキー、
バンフ国立公園をはじめ、ジャスパー国立公園など
見どころは沢山あり短時間ではもったいない。
空の広さを改めて感じさせてくれ、
アクアブルーの湖面の色に感激をした。

B1バンフの町並みとカスケード山.jpg
バンフの街並みとカスケード山
B1クロウフット氷河・カナダ、バンフ国立公園.jpg
クロウフット氷河
B1ペイトー湖・カナダアルバータ州バンフ国立公園.jpg
ぺイトー湖
B1アサバスカ氷河.jpg
アサバスカ氷河
B1アサバスカ大氷原(コロンビア大氷原)の雪上車.jpg
アサバスカ氷河の巨大雪上車
posted by 富田 at 08:03| 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月10日

カナダの旅・レイクルイーズ

昨日の夜カナダから帰りました、
カナダの面積は日本の約26倍、
短い日日で広いカナダを回り移動が大変でした、
日本から飛行機の所要時間約10時間、
大陸の西側のカルガリーへ行く
カルガリーからバスで西へ約200kmのバンフ国立公園にある
レイクルイーズへ、前日降った雪が所々に残っていて
空気の冷たい日であった。

1夕景レイクルイーズ・カナダアルバータ州バンフ国立公園.jpg
レイクルイーズ夕景
2月のレイクルイーズ・カナダアルバータ州バンフ国立公園.jpg
月のレイクルイーズ
3星空のレイクルイーズ・カナダアルバータ州バンフ国立公園.jpg
星空のレイクルイーズ
4朝焼けのレイクルイーズ2・カナダアルバータ州バンフ国立公園.jpg
朝焼けのレイクルイーズ
6レイクルイーズ1・カナダアルバータ州バンフ国立公園.jpg
雲が多くなってきたレイクルイーズ
posted by 富田 at 11:20| 海外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月02日

犬吠埼の夜

千葉県銚子市にある犬吠埼は
千葉県の東の端、関東平野の最東端にある、
犬吠埼灯台は「世界灯台100選」に選ばれています、
犬吠埼には何度も訪れて撮影しているが
出来るだけ以前とは違うアングルで撮影する様にしている、
今回は星空を撮影したかったが、
空のぬけがあまり良くなかったので再挑戦するつもりです。

犬吠埼.jpg

犬吠埼1.jpg

犬吠埼2.jpg

本日より撮影に出ますので、暫くブログはお休み致します、
帰りましたら投稿致しますので、宜しくお願い致します。
富田文雄

posted by 富田 at 07:39| 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月01日

夜景の撮影

蒸し暑い夏が過ぎだんだん昼の時間が短くなり、
日が暮れるの早くなり夜の撮影がしやすくなりました、
夜景はいろいろな条件によりますが、空が黒くならない前、
まだ青味が残っている方が綺麗です、
夜景やシャッタースピードが遅いときは三脚を使用することを
お勧めいたします、
一つの例として写真を取り上げてみました。

B2)愛知・香嵐渓夜景.jpg
愛知県、香嵐渓
B2)岩手・めがね橋夜景.jpg
岩手県、めがね橋
B2)山口・和久漁港夜景.jpg
山口県、和久漁港
B2)千葉・犬吠碕.jpg
千葉県、犬吠埼
B2)奈良・吉野山蔵王堂夜景.jpg
奈良県、吉野山蔵王堂
B2)富山・散居村の夜.jpg
富山県、散居村風景
posted by 富田 at 08:54| 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする