2014年08月31日

北海道、層雲峡

層雲峡は北海道上川町を走る国道39号線沿いの
石狩川の渓谷で、大雪山国立公園に属している。
石狩川を挟み断崖絶壁、奇岩が約24kmに渡り続いている、
層雲峡の中心は落差約120mの銀河の滝と流星の滝が
見える所で、大勢の観光客が訪れている。
この日の前日も車中泊をして夜、撮影に挑戦したが
結果はよくない、改めて撮影方法を考え直して再度
挑戦してみたいと思った。

層雲峡大函.jpg
層雲峡大函
層雲峡、銀河の滝と流星の滝.jpg
銀河の滝と流星の滝
層雲峡奇岩群.jpg
奇岩群
層雲峡柱状節理.jpg
柱状節理の絶壁
posted by 富田 at 10:25| 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月30日

釧路湿原サルルン展望台

北海道釧路湿原の北西部にあるサルルン展望台、
展望台からの眺望はサルルン沼、塘路湖、エオルト沼などが望める。
撮影した前日の夕方ロケハン方々日の出の方角を確認するため
展望台まで歩いてみた、コンパスで確認すると日の出は望めないが
朝焼けなら撮影出来ると思い朝焼けの時間に合わせ登る事のした。
展望台入口にある駐車場で車中泊をして早朝登りはじめた、
風景写真を撮影するとき、出来るだけ夜景、朝焼け日の出は
撮影するようにしている、
展望台に着くと夜が白々と明けてきた、撮影を始める。
展望台の下には釧網本線が通っている、列車の時間を調べ
朝一番の列車が通るまで待った。

夜明けのサルルン展望台より塘路湖(奥)サルルン沼(手前).jpg
夜明け
朝焼け、サルルン展望台より塘路湖(奥)とサルルン沼(手前).jpg
朝焼け
釧網本線とサルルン沼(手前)搪路湖(奥).jpg
釧網本線
posted by 富田 at 09:04| 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月29日

コッタロ湿原コッタロ展望台

北海道のコッタロ湿原は釧路湿原の北部で
標茶町になる、展望台があり湿原の展望は良い、
撮影した前日の夕方着き、
展望台に上がり日の出の位置の確認をしておく、
車中泊をするのだが周りに何も無いので真暗、
遠くで鹿の鳴き声がたまに聞こえるぐらいで物音もしない、
翌朝3時30分に起き3時50分には撮影を始めた。

釧路湿原1(コッタロ展望台)8月.jpg
3時50分、東の空が少し明るくなってきた
釧路湿原2(コッタロ展望台)8月.jpg
4時18分、朝焼け
釧路湿原3(コッタロ展望台)8月.jpg
4時43分、日の出
釧路湿原4(コッタロ展望台)8月.jpg
5時50分、釧路湿原コッタロ湿原
posted by 富田 at 13:28| 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月28日

北海道、美瑛の丘

北海道のほぼ中央に位置する美瑛町は
テレビコマーシャル、広告宣伝などで有名になり、
隣町の富良野はテレビドラマの舞台になった地です。
この地一帯の丘陵地は、ひまわりやラベンダーの群落
パッチワークを思わせる畑の模様などが人気になり
プロ、アマ問わず写真撮影に
また観光客が大勢訪れる観光地になりました。
そんな美瑛の丘を撮影するため夜明け前から撮影して
一日中丘陵を走り回りました。

1、夜明け前.jpg
夜明け前
2、.jpg
丘陵と雲
3.jpg
そばの花畑
4.jpg
ジャガイモ畑とひまわりの花畑
5.jpg
夕景
posted by 富田 at 08:22| 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月27日

ひまわり畑

北海道北竜町のひまわり畑に着。
この日は満月なので月明かりのひまわり畑を
撮影する予定でいた、
ひまわり畑には大勢の観光客がいたが
夕方からは徐々に人は少なくなっていき、
暗くなる頃にはほとんどの人達は帰って行った。
夕陽が沈むころ後ろには丸い大きな月が夕焼けに
染まる雲と空に浮かんでいる、
陽が沈み空が思っていた以上に焼けてくれた。

1.jpg
ひまわり畑と夕焼け空
2.jpg
満月
3.jpg
月明かりのひまわり畑
posted by 富田 at 07:47| 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月26日

北海道の撮影

北海道へ撮影に行っていました、
久し振りのブログ投稿です、
撮影に集中するために最近はパソコンを持って行きません、
そのために現地からのブログ更新が出来ず、
帰って来てからの投稿になります。
青森県下北半島の北端大間から函館に渡り
渡島半島の日本海側を北上しました、
天気は時々雨が降り、空はどんよりとした
暗雲が垂れ込める日でが、海岸線は
多くの奇岩があり楽しめる海岸線です。

館の岬.jpg
乙部町の館の岬、東洋のグランドキャニオンと呼ばれている
親子熊岩.jpg
せたな町、親子熊岩
窓岩.jpg
せたな町、窓岩
posted by 富田 at 09:36| 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月04日

紀伊大島

和歌山県串本町の沖合い、約1.8kmに浮かぶ
周囲約28kmの紀伊大島。
潮岬東海岸から苗我島を経由したループ橋、アーチ橋で
結ばれている、島の北部は海蝕による断崖が多く
南部は平坦な地になっている。
この日の夜、島の北部の海岸を撮影して近くの駐車場で車中泊、
藪蚊に悩ませられながら黎明の海を撮影した。

紀伊大島、夜の海.jpg
夜の海
紀伊大島、黎明の海.jpg
黎明の海
posted by 富田 at 07:48| 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月03日

あらぎ島景観

和歌山県有田川町清水地区の蘭島(あらぎ島)を
対岸にある展望台から見る景観は農山村風景として絶景です、
有田川が大きく曲がる内側に舌状の台地に
大小の水田54枚があると言います、
歴史は古く江戸時代初期に開田されている、
この地を訪れ昼間に撮影していて、コンパスで日の出の方向を
確認すると、今の時期は日の出の撮影はむりだが
夜明けの風景を撮影することにして
近くの道の駅で車中泊、黎明の撮影にそなえ早寝をした。

1.jpg
黎明のあらぎ島
2.jpg
有田川に囲まれたあらぎ島
3.jpg
あらぎ島の水田
posted by 富田 at 09:06| 農漁 山村 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月02日

奇岩

兵庫県香美町の香住海岸は
海食崖、海蝕洞、奇岩などが多数ある岩礁海岸で
山陰海岸国立公園に属し、国の名勝に指定されている。
今子浦の但馬赤壁は岩が赤味をおびているために
赤壁と呼ばれて岩壁が約100m続いている、
この赤壁の赤を強調するために、
夕方の光を浴びる時に撮影をした。

1.jpg
posted by 富田 at 09:01| 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月01日

北近畿タンゴ鉄道

北近畿タンゴ鉄道は、京都府北部の丹後地域と
兵庫県北部の丹後地域に隣接する地域を
宮津線と宮福線の2路線が走る第三セクター鉄道です。
鉄道写真は専門ではないのですが、日本の里を撮影していると
どうしてもローカル線は必要になって来ます、
里の撮影中にローカル線の撮影ポイントを見つけた時は
出来るだけ撮影するようにしています。

北近畿タンゴ鉄道.jpg
由良川を渡る北近畿タンゴ鉄道
北近畿タンゴ鉄道2.jpg
夕陽に輝く集落と北近畿タンゴ鉄道
posted by 富田 at 07:47| 農漁 山村 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする