2013年09月23日

本山岬の奇岩

本山岬は山口県山陽小野田市の南端にあり、
周防灘に突き出た岬です、
今年5月に初めて訪れた時は、夕景を撮影した後
駐車場で車中泊をして朝の風景を撮影して
移動してしまったので、今回は青空の撮影をしました。

1.jpg
posted by 富田 at 12:12| 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月22日

比叡山と矢筈岳

宮崎県延岡市の比叡山と日之影町の矢筈岳は
網の瀬川の谷を挟んで向かいあっている、
『比叡山および矢筈岳』として国の名勝に指定されている、
二つの山は共に岩壁が素晴らしく、雨が降れば山水画の様な
撮影が出来る、晴れれば岩壁のイメージで撮影出来ると思い、
朝焼けの撮影を期待しらがら駐車場で車中泊。

1.jpg
谷を挟んで向かい合う、比叡山(右)と矢筈岳(左)
2.jpg
朝焼けの矢筈岳の岩壁
posted by 富田 at 09:12| 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月21日

大崩山の奇岩

宮崎県にある大崩山(おおくえやま)の奇岩を以前から
撮影しようと九州に行く機会を待っていた、
九州に行く機会が出来、他の撮影を済ませ最後に
大崩山に登るのだが、調べていたルートとは違う登山道から
登ってしまい、不安を抱きながらの登山だが、まず山頂を目指す、
山頂から目的の奇岩が見え、そちらに行くのがだ急な下りなので
帰りが心配、何とか撮影ポイントを探し撮影をするのだが
尾根を一つ越えるのに時間を大分費やしながらも撮影出来た、
又機械を見つけ大崩山に登りたいと思う。

1.jpg
大崩山山頂より傾山1602.2m
2.jpg
大崩山の奇岩、袖のダキ
3.jpg
奇岩風景
タグ:奇岩 宮崎
posted by 富田 at 10:53| 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月20日

空に突きでる巨岩

熊本県山鹿市にある不動岩。
高さ約80m、周囲約100mのイスター島のモアイを
思わせるような巨岩が空に向かって突き出ている、
不動岩の名前は、平安時代に山伏達がこの山中にこもり
不動明王を本尊として祀り、この岩の周りに防を建て
修行したと言われたことに由来するとのこと。

1.jpg
タグ:熊本 巨岩
posted by 富田 at 08:48| 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月18日

棟方志功が描いた黄金の滝

大分県日田市と熊本県菊池市の境にある兵戸峠を
国道387号線が通る、峠を少し日田市側に下った所に
黄金の滝がある。
版画界の巨匠である棟方志功がこの地を訪れ描き、
『続西海道棟方版画集』に収められている。

1.jpg
タグ: 大分
posted by 富田 at 09:00| 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月08日

球磨川暮色

球磨川の撮影がしたいと思いながら、熊本県人吉市から
球磨川沿いの国道を走る、川の向こうに夕陽が沈む所とを
と思ったが見当たらない、暫く走ってると空が焼けてきた、
焦っていると、直線的に球磨川が流れていて、
丁度良いところに空き地もあった、すぐ撮影を始める、
撮影を始めると焼けていた空もだんだん色が無くなり
辺りは暗闇となった。

3.jpg

posted by 富田 at 09:00| 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月07日

佐多岬の夜明け

九州本島の最南端にある鹿児島県の佐多岬、
前日の夜、佐多岬の夜明けを撮影するために車中泊、
湿度の多い暑さで、窓は全開にしても風が無いので
車内は蒸し風呂状態。
夜明け前に展望台で撮影を始め、朝焼けまでは
それなりに撮影が出来たのですが、どんどん雲が湧いて来て
空を覆ってしまった、朝の撮影はこれまで

1.jpg
夜明けの佐多岬
2.jpg
朝焼けの佐多岬
3.jpg
雲が空を覆い、雲間から見えた太陽
posted by 富田 at 08:38| 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月04日

雨上がりの集落

朝から雨が降っていたが、じっとしているわけにいかず
走り始める、暫くすると雨は止んできた、
鹿児島県姶良市の山間部を走っていると
雨上がりの緑の綺麗な田園や里山に囲まれた集落が見えた、
典型的な日本の故郷の風景ではないかと思った。

1.jpg
posted by 富田 at 08:51| 農漁 山村 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月03日

錦江湾に浮かぶ桜島

周囲55kmの桜島は、かつて島であったが
1914年(大正3年)の噴火により大隅半島と陸続きなった、
鹿児島県に撮影に来たら桜島は撮影したいと思い、
いろいろ撮影場所を探していると、かなり高い位置から
桜島を望む遠望台があった、天気も良い、光線も良い、遠くに開聞岳も見える、
撮影してるとだんだん雲が多くなり、太陽は雲の中へと消えていったが、
撮影は出来たので良しとした、気を良くして、明日の朝はこの場所から
日の出を撮ろうと駐車場で車中泊をした。
因みに桜島の最高峰は北岳1117m。

1.jpg

2.jpg

3.jpg

4.jpg
posted by 富田 at 08:13| 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月02日

朝の池田湖と開聞岳

鹿児島県の池田湖と開聞岳の夕景を前日撮り、
そのまま駐車場で車中泊。
朝起きると快晴だが開聞岳に雲がかかっている、
しかし山頂には雲が無く山腹を雲が巻いていた、
暫くすると朝陽が当たり始めた、雰囲気がいい、
撮影を終えると雲が無くなった、
暫くすると再び山腹に雲が巻いてきた、
雲が目まぐるしく変わる朝の風景でした。
1.jpg

2.jpg

3.jpg
posted by 富田 at 08:28| 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月01日

池田湖と開聞岳

九州最大の湖、池田湖は鹿児島県、薩摩半島東南部にある、
周囲約15kmのカルデラ湖です、
カルデラ湖とは火山の活動によって出来た凹地に
水がたまって出来た湖の事。
池田湖に夕方着くと開聞岳には雲がかかっている
暫く見ていると雲はどんどん形を変えていく、
夕陽が雲を赤く染める頃、笠雲になりまた崩れていった
明日の朝、同じ場所で撮影するためここで車中泊。

1.jpg
posted by 富田 at 08:25| 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする