2013年05月30日

本山岬の奇岩

本山岬は山口県山陽小野田市の南端にあり、
周防灘に突き出た岬で、夕陽の名所として知られている。
夕陽に間に合うように車を走れせ、
着いてみると夕陽より奇岩に圧倒される、
夕陽が奇岩に最後の光を奇岩に浴びせているところで、
もう少し早く着けばと悔やまれる、
太陽が沈みしばらく待ち、夜景に挑んでいると奇岩の向こうから
三日月が上ってきた、ラッキー。
気分を良くして駐車場で車中泊をして朝焼けの時に
もう一度奇岩の撮影に挑戦した。

1.jpg
夕陽を浴びる奇岩
2.jpg
奇岩の向こうから三日月が上る
3.jpg
朝焼けの奇岩
4.jpg

ホームページのトップにある『日本列島を探る風景彩美』をクリックすると
北海道から九州までの各県別の写真がご覧になれます。
posted by 富田 at 10:56| 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月29日

秋吉台から角島へ

この日、朝起きると晴れていたので秋吉台に向かうが、
真上の空は青空だがその他は白っぽいガスっ晴れ、
高原でこの晴れでは海岸ではもっと見通しが悪いと
思いながらも山口県長門市の油谷島の西端にある俵島に行く、
島全体が柱状節理で出来ていて、周囲が約900m高さ約30m
米俵を縦に積み重ねたように見えることから俵島と云われるようになった。
今日の条件では昼間の角島大橋の撮影は無理なので、
夕陽と角島大橋を撮影することにして俵島で出来るだけ
撮影時間を費やした。

1.jpg
日本最大のカルスト台地と云われ、無数の石灰岩柱が点在する
2.jpg
柱状節理の俵島と灯台
3.jpg
角島大橋夕景
4.jpg
角島大橋夜景
5.jpg
角島にある万葉歌碑

ホームページのトップにある『日本列島を探る風景彩美』をクリックすると、
北海道から九州までの各県の写真がご覧になれます。
posted by 富田 at 08:55| 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月28日

竜王山の夕陽

朝からいろいろ撮影をして、夕方に竜王山で夕景が撮影出来ればと
車を走らせる、着いてみると車の脇で夕陽の撮影が出来る、
三脚を立て太陽が沈む所を段階的に撮影をしていると、
私の車のナンバープレートを見た、この土地に住むお嬢さんから
以前私が住んでいる方面に住んでいた事がある、と声をかけられた
山口県の名所など教えていただき、近くの温泉も教えていただいた、
撮影後、その温泉に行き竜王山で車中泊。
その節はありがとうございました。
竜王山は山口県山陽小野田市、竜王山は桜の木が多かったので
桜の咲くころにまた来て見たいと思っています。

1.jpg
太陽がまだ高い位置にある
2.jpg
太陽が大分低くなってきた
3.jpg
色温度が大分高くなりオレンジ色が増してくる
4.jpg
太陽が山に入ろうとしている
5.jpg
太陽が完全に沈み夕焼けになる

ホームページのトップにある『日本列島を探る風景彩美』を
クリックすると北海道から九州まで各県の写真がご覧になれます。
posted by 富田 at 07:49| 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月27日

石柱渓

この日は曇り日なので、山口県下関市にある石柱渓に行く、
渓谷の撮影は天気があまり良くない方がよい、天気が良いと
コントラストが付き過ぎ、陽が当たる場所は白く飛び、影の部分は
黒くなる、曇り空など天気が良くない方が全体がしっとりして渓谷向き。
渓谷に着き歩き始めると、最初に目に入ったのが苔生した木の根、
帰りに撮影しようと先を急ぐ、渓谷を撮影して帰りに木の根を
時間をかけ撮影して、渓谷をあとにした、
この渓谷近くに緑の綺麗な竹林があった。

石柱渓は、柱状節理の奇観を見せることから、国の
名勝及び天然記念物に指定されている。

1.jpg
石柱渓の滝
2.jpg
苔むした木の根
3.jpg
竹林
4.jpg
竹林
posted by 富田 at 11:55| 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月26日

湖面に写る太陽と雲

大坊川沿いの国道491号線を走っていると、
大坊ダム別名赤滝湖の脇をまたぐ橋の上を通る、
森に囲まれ、静かな湖面に太陽の光が写っているのが見えた、
車を通行の邪魔にならない所に止め、カメラを持ち
橋の中央付近まで歩いて行くと、太陽は雲の中に入ろうとしている、
数枚シャッターを切っていると雲がどんどん変化していき、
雲間から時々太陽が顔を出だすところが湖面に写る、
太陽が出たところを数枚撮影すると、太陽は完全に雲の中。
その後、海岸近くの道の駅に行くと、高台から港の夜景が
見える、喉を潤す前に撮影して、車中泊。
赤滝湖は山口県長門市。

1.jpg

2.jpg

3.jpg
posted by 富田 at 08:14| 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月25日

萩城跡から長閑な田園へ

この写真を撮影した前日、山口県萩市近くの道の駅で車中泊。
朝まず、萩城跡へ行く、萩城は指月山山麓にあり、
慶長13年(1608年)毛利輝元により完工、別名を指月城と云う
城跡の案内版に解体前の天守が現存していた頃の古写真があり
当時を偲ぶことが出来る。
萩市から国道191号線を北東へ走ると、笠山へ入り道沿いに
水の綺麗な明神池がある、
国道191号線をさらに進み、島根県境の山中に入ると
長閑な田園と集落があり、初夏の頃にはホタルが飛び交うと
農家の方が教えてくれた、ぜひホタルが飛び交うところえを
見たいと思う。
1.jpg
萩城跡
2.jpg
毛利輝元像
3.jpg
水の綺麗な明神池
4.jpg
水田と集落
posted by 富田 at 10:17| 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月24日

フォルンフェルス断崖

5月6日に出発して今回は山口県を中心に撮影、
5月21日に帰って来ました、
まず、山口県の日本海側から撮影を始める、
以前訪ねた事がある、須佐湾のホルンフェルス断崖、
萩市にある須佐湾の景勝地で、
砂岩と頁岩が交互に堆積しマグマの熱作用で変化したもので
縞模様が美しい、
この断崖に夕陽が当たるところを撮影するため夕方に訪た。

1.jpg
夕陽を浴びるフォルンフェルス断崖
2.jpg
日本海に沈む夕陽
posted by 富田 at 06:01| 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月03日

武蔵野台地

武蔵野台地とは、関東平野の西部、多摩川から荒川に
挟まれた地域で埼玉県の川越市が武蔵野台地の北端にあたる。
現在は住宅街が多くなって来ているが、所々には
まだ昔の面影が残る場所もあります。

1.jpg

2.jpg
posted by 富田 at 08:24| 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。