2012年12月31日

ありがとうございました

2012年も本日で終わります、
今年一年間、ブログ、ホームページに訪問していただき
ありがとうございました。
今年撮影で訪れたのは、富士山が一番多かったと思います、
ある企業の富士山カレンダーの撮影のため、どこへ行くにも
富士山経由で出かけていきました、
来年も富士山へ行く機会が多いのでは・・・
来年もいろいろな所へ撮影に行き、写真を発表していきます
宜しくお願い致します。

1.jpg

皆様に来年も福が来て、良い年でありますように、
良いお年をお迎えください
ありがとうございました。
posted by 富田 at 08:01| Comment(0) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月29日

ホームページのリニューアル

今年も残り3日となりました、
ホームページを来年早々に入れ替えと思っていましたが、
本日、ホームページをリニューアルいたしました。
写真も全て入れ替え、デザインも一新、
ギャラリーの写真も定期的に増やしていこうと思っています。
http://f-tomita.com
ご覧になって下さい。
ラベル:写真 ギャラリー
posted by 富田 at 08:41| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月26日

富士山と夕陽

埼玉県所沢市の山口貯水池、通称狭山湖は水道局が管理する人造湖で
東京都の上水道として供給されている、
天気の良い日には富士山が望まれ、写真愛好家達が三脚をならべている
昨日、天気が良く狭山湖の夕陽を撮影に行ってみた
夕陽が沈むころには20台の三脚が並んで、夕陽に向かい
それぞれシャッターを切っていた。

1.jpg
太陽が高い位置にある時、色温度が低いため空がまだ青い
2.jpg
太陽が大分低くなり、色温度も高くなりオレンジ色が増してきた
3.jpg
太陽が沈むころ富士山がはっきり見えてくる
4.jpg
太陽が隠れたが残照が富士山を照らす
5.jpg
太陽が完全に沈み空が焼けてきた


posted by 富田 at 10:10| Comment(0) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月22日

佃島界隈

東京都中央区の佃島は、大阪の漁夫達が江戸に移り
もともとあった名前のない砂州を埋め立て住むようになり
故郷の摂津国佃村の名前を使い佃島としたと言われている、
葛飾北斎の富嶽三十六景の「武陽佃嶌」を見ると島の様子が分かる、
漁師達の保存食として食べ始めたのが佃煮の起源と言われている。

1.jpg
船だまりに架かる佃小橋と高層ビル群
2.jpg
住吉神社
3.jpg
佃煮店
4.jpg
佃煮店



ラベル:東京 漁夫 保存食
posted by 富田 at 08:16| Comment(0) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月20日

夢を買う

昨日銀座に行くと夢を買う人達が大勢並んでいた、
昨日は大安のため普段より並ぶ人達は多いと
係りの人が話をしていた、
私も撮影のため数時間待つ事はある、
楽しい目的のためなら何時間でも待つことは平気でしょう、
この日12時ころで3時間半待ち、その後もっと増えたでしょう。

1.jpg
夢を買うための人達
2.jpg
夕陽の頃の昭和通り
ラベル:銀座 時間 撮影
posted by 富田 at 09:25| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月19日

武蔵国分寺

東京都国分寺市、市の名前は、
741年聖武天皇の命により建立された国分寺(武蔵国分寺)が
この地にあったことに由来するらしい。
国分寺薬師堂(市指定重宝)は建武二年(1335)に新田義貞の寄進により
国分寺僧寺の金堂跡付近に建立されたと伝えられているもので、
宝暦年間(1751〜1763)に現在地で再建されたもの、
堂内にある木造薬師如来坐像は国指定重要文化財。(案内板による)
参道の階段を上がると薬師堂があり、裏手に回ると
約60体ぐらいの石仏が並んでいるのが印象的でした。

1.jpg
国分寺薬師堂
2.jpg
薬師堂裏手の石仏群
3.jpg
境内にある山茶花の花と石仏


ラベル:東京 国分寺 石仏
posted by 富田 at 08:54| Comment(0) | 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月18日

スクランブル交差点

用事を済ませ夕方少し前だが大勢の方達が
忙しそうに師走のスクランブル交差点を歩いて行く、
もう少し時間がおそければもっと人通りは多いだろう。

1.jpg
posted by 富田 at 09:07| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月15日

高層ビル群

昨日の夕方、知り合いの事務所で打ち合わせ中
何気に外を見ると高層ビル群に夕陽が当たり
夕焼けが綺麗でした、ちょっと失礼して一枚撮影。

1.jpg
posted by 富田 at 08:09| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月14日

夕暮れ時

12月も半ば、東京新宿を歩いてみました、
夕暮れ時の甲州街道の渋滞風景と高層ビル群の一角、
まだ多少秋の気配を感じる風景でした。

1.jpg

2.jpg
posted by 富田 at 09:19| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月13日

何気ない風景

ある撮影で車でなく、電車を利用しての撮影だった、
車でなければ見れない風景も沢山あるが、
車では見れない風景も沢山あるので楽しくなった、
車では撮影に行くぞという気持ちが強いが
歩いていて日常の何気ない風景も気持ちがいいものだ
歩いていて葉の落ちた樹を見て感動、
落ち葉の道を見て感動、そんな一日でした。

1.jpg

2.jpg
ラベル:撮影 電車 風景
posted by 富田 at 08:11| Comment(0) | 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月10日

日御碕の夕景

島根県出雲市の日御碕は柱状節理の岩壁が続く海岸です、
日御碕の夕景夜景を撮影したいと思い着いたのは夕方、
それまで曇り空だったが雲が少し取れてきて
夕陽が差しこんできた、柱状節理の岩壁を強調した
撮影をしようと歩き周り暗くなるまで撮影をしていた。

1.jpg
雲がまだ多い時
2.jpg
少し雲が取れ夕陽が差し込み始めた
3.jpg
夕陽が当たる
4.jpg
陽が沈み夕焼けに
5.jpg
薄暗くなった時
posted by 富田 at 08:01| Comment(0) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月07日

断魚渓の朝

島根県邑南町にある断魚渓で前日の夕方撮影をした後、
天気予報を聞くと夜に雨が降るというので、
明日の朝、渓谷に霧が出ればと思い、
そのまま駐車場で車中泊、夜激しい雨が車の屋根をたたいていた、
期待は膨らむ、朝起きると空は多少雲はあるが青空、
カメラを担ぎ渓谷に下りて行くが期待していた霧は出ていない、
しばらくすると紅葉している山の斜面に陽があたり、
陽が当たっている山の斜面に霧が漂い始めた
シャッターチャンス到来。

1.jpg
霧が漂う断魚渓
2.jpg
断魚渓千畳敷
posted by 富田 at 07:12| Comment(0) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月06日

断魚渓

断魚渓は中国地方の大河である江の川の支流濁川の
山間にあり、流紋岩を浸食して形成された渓谷です、
島根県邑南町にあり国の名勝に指定されています、
魚が上る事の出来ない段差が数か所ある事から
この名前が付いたとのこと、紅葉の名所でもあります。

1.jpg

2.jpg

3.jpg
posted by 富田 at 08:33| Comment(0) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月05日

鬼の舌振

”鬼の舌振”は島根県奥出雲町にある渓谷で
国の名勝、天然記念物に指定されている。
出雲国風土記の一文に「和仁のしたぶる」というのがある。
玉日女命(たまひめのみこと)という女神を日本海の和仁(わに)が
慕って夜な夜な通ってきたが、女神は嫌がって巨岩で川をせき止めた、
この「和仁のしたぶる」が転訛して鬼の舌振になったと言われている。
したぶるは「慕う」。

1.jpg
千畳敷といわれる岩
2.jpg
鬼の舌振、渓谷風景
3.jpg
はんど岩
4.jpg
天狗橋から見た風景

posted by 富田 at 07:30| Comment(0) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月04日

立久恵峡

島根県出雲市から国道184号線を約20kmほど南に走ると
奇岩、石柱がそそりたつ立久恵峡があり、
国の名勝及び天然記念物に指定されている。
車の中で天気予報を聞いていると夜に雨になると云っているので
朝方立久恵峡が霧か雨に煙る風景が撮影できればと思い
近くで車中泊をしたが、予想ははずれ予想していた風景は
撮影できなかったが、赤と黄色の紅葉と立久恵峡の撮影が出来た。

立久恵峡.jpg

posted by 富田 at 08:16| Comment(0) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月03日

出雲大社

島根県出雲市の出雲大社は現在大修理中ですが
訪れてみました、修理中ですが大勢の観光客が
参拝に訪れていました。
大鳥居をくぐり、老松の参道を進むと右に両手を広げた
大国主神の像、左に大国主神と白兎の像がみえる、
さらに進むと本殿は修理のため見ることは出来ないが
一部修理が終わり端の方から見ることが出来る場所がありました。

1.jpg
幸魂・奇魂を拝む大国主神
2.jpg
大国主神と白兎
3.jpg
神楽殿の大注連縄
4.jpg
本殿
posted by 富田 at 08:27| Comment(0) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月02日

吠える獅子岩

三重県熊野市を走る国道42号線沿いにある獅子岩は、
熊野灘に向かって吠えているように見える奇岩です、
高さ約25m、国の名勝及び天然記念物に指定されている、
パワースポッとでもあり、国道沿いで便利なので
訪れる人達も多い。

1.jpg

2.jpg

3.jpg
posted by 富田 at 09:16| Comment(0) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年12月01日

夜明けの楯ヶ崎

前日、夕景までねばって撮影した三重県の楯ヶ崎、
コンパスで日の出の位置を確認するとよい場所から
日の出の撮影が出来そうなので、そのまま駐車場で車中泊、
早朝、懐中電灯をたよりに暗い遊歩道を約2km45分歩き
楯ヶ崎へ向かう、楯ヶ崎に着くと東の空が明るくなってきた。
昨日撮影した場所に三脚をたて撮影開始。

1.jpg
夜明けの楯ヶ崎
2.jpg
日の出
3.jpg
朝陽を浴びる岩壁
4.jpg
遊歩道沿いのスダジイの根
posted by 富田 at 08:13| Comment(0) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする