2016年07月18日

佐原の大祭

7月15日(金)より17日(日)まで千葉県佐原市で
国指定重要無形文化財に指定されいて江戸時代から続く
佐原の大祭の撮影に行ってきました。
佐原の山車の大人形は江戸時代後期から昭和初期に活躍した
人形師達により制作されたといわれ、山車は3〜4トン、
高さは7メートルにも及ぶとのこと。
昼間町内を練り歩く山車を乱曳きと云い、歴史的町並みが残る
小野川沿いの山車の姿は風情たっぷりです。
夕方から行われる「のの字廻し」は、山車の左前の車輪を軸に
のの字を書くように回転させる、祭りのハイライトであり
迫力満点です。

佐原の大祭1.jpg

佐原の大祭2.jpg

佐原の大祭3.jpg

佐原の大祭4.jpg

佐原の大祭5.jpg

posted by 富田 at 11:10| 祭り行事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月13日

ほたる

夕暮れ時に地元のほたる博士と待ち合わせて
ほたるの飛び交う現場に連れて行ってもらい、
暗くなる前に背景になる風景を撮影しておいた、
そのままカメラを動かさずひたすらほたるが飛び交うのを待つ、
暗くなり一匹ニ匹と光りが見えてきた、感激。
段々数が増えてきたのでひたすらシャッターを切る、
博士の云う通りある程度時間が経つとほたるの光が
少なくなってきたので撮影は終了にした。
現像するのが楽しみ。

Bほたる.jpg
タグ:背景 風景
posted by 富田 at 09:29| 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月12日

北上線

岩手県西和賀町の知人か「らそろそろほたるの季節だから
撮影に来ないか」と連絡を受けた、地元にはほたる博士と云われる人物がいて
案内をしてくれるとのこと、
今までホタルの撮影はしたことがなかったので、挑戦したいと思い
行きますと返事をした。
ほたるの撮影予定日に早目に現地に行き以前から撮影をしたいと思っていた
北上線を撮影することにした、
北上線を撮影しようと思っていた場所の近くに、あやめ花の群落があり
ほぼ満開状態だった。
この日は、あやめの群落や北上線が撮影出来、
ほたるの撮影する楽しみが増してきた。

B1.jpg
錦秋湖畔のあやめの群落
B2.jpg
西和賀町を走る北上線
B3.jpg
長閑な田園を走る北上線
B4北上線.jpg
錦秋湖畔の赤い鉄橋を渡る北上線

posted by 富田 at 08:00| 鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月11日

写真集『日本の美しい里の四季』

私の写真集『日本の美しい里の四季』がパイ・インターナショナルさん
より発売になりました。日本の里シリーズ第3弾です。
B5版変形、全国の里の写真が95点掲載されていて、
いままでに掲載されたことのない場所の近年に撮影した作品です、
今回は今までと違い写真一枚一枚に里の言葉が入っています。
フリーアナウンサーでエッセイストでもある土井里美さんの文章です、
例えば桜の異名である夢見草(ゆめみくさ)、
渟浪多(ぬなた)とは実り多い良い田のこと、など
あまり聞きなれない言葉が多く登場致します、
読んでも見ても楽しい写真集だと思っています、
ぜひご覧になってください。

B日本の美しい里の四季.jpg
posted by 富田 at 05:35| 写真集 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月02日

日常

日常とは、毎日繰り返される普段の生活。常日頃。

普段生活をしていて何気ない風景は写真撮影の被写体には
よいシチュエ―ションだと思う。
人々もカメラを意識しない自然の状態がよい。
私が路地や公園でのスナップは望遠レンズで撮影する事がほとんど、
なぜならば、いらない背景をカットして絞りは開放に近くして
主題だけにピントを合わせると、なにを撮影しているかが分かると思う。
何処に行くにもカメラを持つようにしている、
しかし気を付けなければならないのは
人物の顔をはっきりしないようにしている。

B1.jpg
学校帰り
B2.jpg
犬友
B3.jpg
昼下がり
B4.jpg
路地
posted by 富田 at 07:50| 日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年07月01日

奇岩の二子山

撮影に出て本来は北へ向かう予定だったが急遽予定が変わり、
天気予報では晴れなので何処へ行こうか迷った結果、
埼玉県と群馬県の境にある二子山に行くことにした。
双子山へは今年の2月にロケハンのつもりで登っていたので
見当はついている、
駐車出来る場所で車中泊をして天気が気になるので外へ出て見ると
満天の星、安心して眠りにつく。
朝起きて準備をして歩き出し山頂に着くと清々しい空気とヌケのよい遠望、
来てよかったとつくづく思う。
双子山山頂付近は岩壁に覆われ迫力のある山です。

B1.jpg
二子山西岳山頂より西岳西峰を見る
B2.jpg
西岳山頂付近の岩壁
B3.jpg
西岳東峰から西岳山頂を見る
B4.jpg
西岳山頂から見る両神山
B5.jpg
西岳山頂から西御荷鉾山方面を見る


posted by 富田 at 09:30| 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年06月30日

風拳の滝

栃木県塩原にある風拳の滝。
駐車場から歩きやすい遊歩道を約15分程で風拳の滝に着く、
ここから約5分程で竜化の滝(落差約40m)があるので
普通はこの竜化の滝を見に行くのだが、
風拳の滝の跳ね滝に興味があり風拳の滝で時間を費やした。

急遽予定が変更になり、以前から訪ねてみようと思っていた
風拳の滝に行くことにした、
しばらく雨らしい雨が降っていなかったので水量を心配していたが
着いてみるとまづまづの水量なので安堵した。

B1.jpg

B2.jpg

B3.jpg

B4.jpg

B5.jpg

B6.jpg
posted by 富田 at 08:49| 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。