2017年10月31日

藁ぼっちの風景

津軽平野では殆ど稲刈りは終わっている、
車で走っていると稲刈りの終わった田圃は
何も残っていないのが多くなったが藁ぼっちと言われる
脱穀のあとの藁が干してある、藁ぼっちはどこの方言か
分からないがぼっちは帽子が転訛したものらしい、
田圃に藁ぼっちが干してある風景は風情があると思う。

Bもみ殻焼き.jpg
もみ殻焼きの煙がなびく
B藁ボッチの風景.jpg
藁ぼっちの風景
posted by 富田 at 07:54| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月30日

津軽鉄道

津軽平野を走る津軽鉄道の芦野公園駅は
金木町にあり桜の名所として知られている。
津軽鉄道を撮るのにどこがよいか探し歩いて
森の中にある芦野公園駅を撮りたいと思った、
駅から津軽中里方面に踏切がある、ここからだと
真直な線路と列車が撮れるが線路内にいつまでも
入っているわけにはいかないので最初は列車が見えてきてから
踏切が閉まるまでどのくらいの時間かみていると
その間に数枚は撮れるので次の列車を待ち望遠レンズで撮影をした。

B1津軽鉄道.jpg
芦野公園駅に入ってきた列車
posted by 富田 at 07:33| 鉄道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月29日

小さな漁港

日本海側を北上して秋田県能代市から五能線沿いに
ほぼ海岸線を走り青森県に入ると岩がごつごつとした
海岸が続く、津軽西海岸と言われている所の始まりだ、
この付近は風光明媚な所として五能線もゆっくり走り
観光客を楽しませている。
この海岸線を先に進むと中ノ澗崎という小さな漁港がある
国道を走っていても見えないのと気が付かない、
たまたま小さな木造の小屋が数軒見えたので寄ってみると
小さな港があり舟も数隻置いてあり冷たい風がふいていた。

B津軽西海岸、中ノ澗崎.jpg
冷たい風が吹いて冬が近い事を知らせていた
posted by 富田 at 08:29| 農漁 山村 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月28日

里の朝

北へ北へと移動中に夕暮れになり何処で車中泊するか
考えていると山形県の棚田を思い出した、
以前の秋も来たことがありその時はすでに稲刈りは終わっていて
田圃には何もなかったが今年は稲刈りが遅れているので
少しは稲が残っている事を期待しながら向かって行った。
着いてみると予想通り田圃はまだ刈り取られてはいなかった
あとは翌日朝陽が見られればよいなと願いつつ車中泊。
朝起きると期待通り朝焼けと日の出の撮影が出来た。

B朝焼け.jpg
朝焼け
B日の出.jpg
日の出
posted by 富田 at 08:35| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月27日

光射す棚田

山形県朝日町にある椹平(くぬぎたいら)の棚田へ行く。
椹平の棚田の撮影をしたのは10月中旬、
今年は夏に雨が多かった為に稲刈りが例年より遅いので
稲がまだ刈り取られていない田圃の撮影が出来た、
この棚田の高台にある展望台である一本松公園に着いたのは午後、
暗い雲が空一面に広がっていたが時折陽も差す天気なので
しばらく待っていると扇状に広がる棚田全面に陽が射してきた
黄金色に輝く棚田と暗雲から差し込む光の風景を撮影する事が出来た。

B.jpg
光射す黄金色の棚田

posted by 富田 at 08:12| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月26日

大蕨の棚田

山形県山辺町にある大蕨の棚田に行ってみた。
日本の棚田100選に選ばれています、
始めて行ったので、走っていると農家の方がいたので
ここが大蕨の棚田か聞いてみると10mほど歩き指を差し
あそこの場所からあちらを見る方向が良いと教えてくれた、
行ってみると確かによい風景だった。
棚田には自然乾燥をするために稲杭掛けと言われる中心の棒に
刈り取った稲を巻く様に積み重ねた棒が整然と並ぶ風景は壮観であった。

B大蕨棚田1.jpg

B大蕨棚田2.jpg

B大蕨棚田3.jpg
posted by 富田 at 07:36| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月25日

棚田の朝

出かける前に調べていた花畑に行って明るいうちに様子を
見たいと思い行ってみたが花は遅かったので、
それならば行った事のない近くの高原はと思い行ったが
着いたのが夜になっていまいその場で車中泊。
朝起きて見ると紅葉には早いので棚田に向かう、
ここの棚田は稲刈りが終わり「くいがけ」と云われている
中心の棒に刈り取った稲を積み重ねていく方法で
綺麗にならんで干してあった。

B朝の道.jpg
朝の光を浴びる棚田の中の道
B稲干し.jpg
コスモスとくいがけの稲干し
posted by 富田 at 08:15| | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする